まとめサイト様の相互RSSはこちらから

長野 劣悪環境で犬1000匹を飼育…販売業者廃業で犬は県外へ

長野 劣悪環境で犬1000匹を飼育…販売業者廃業で犬は県外へ

生類憐みの令(しょうるいあわれみのれい)は、江戸時代前期、第5代将軍徳川綱吉によって制定された、「生類を憐れむ」ことを趣旨とした動物・嬰児・傷病人保護を目的とした諸法令の通称。1本の成文法ではなく、綱吉時代に行われた生類を憐れむことを趣旨とした諸法令の総体である。保護する対象は、捨て子や病人、高齢者
44キロバイト (7,875 語) – 2021年3月29日 (月) 08:45
元凶はだれしもの欲望なのかも

1 アバカビル(茸) [US] :2021/09/15(水) 00:02:39.96

家宅捜索を受けた犬の販売業者の続報です。業者は廃業する考えで1000匹近くいた犬の大半は県外の団体に移されたとみられます。
また早くから業者を問題視していた獣医などが会見を開き、麻酔なしで犬に帝王切開をしていた疑いなどを明らかにしました。

「ケージに入れられた犬が続々と出てきました。建物からは犬の鳴き声も聞こえます」
長野県松本市の住宅街にある業者の飼育施設。犬が次々と運び出され、「熊谷ナンバー」の車に載せられていました。移送先は埼玉県とみられます。

問題の業者は、劣悪な環境で犬を繁殖させていた疑いで警察の家宅捜索を受けました。
2つの施設でおよそ600匹の飼育を保健所に届け出ていましたが、実際には1000匹近くいたとみられています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7e2e34af101ed8b085bb409575e3e6b81413c35b

杉本彩の団体によると一部はまた業者が持っていったらしい

https://www.eva.or.jp/naganogyakutai

続きを読む

続きを見る