まとめサイト様の相互RSSはこちらから

開会式の国立競技場周辺でデモ隊と警官隊が衝突し逮捕者出る

開会式の国立競技場周辺でデモ隊と警官隊が衝突し逮捕者出る

日本の場合警備が厳しく、デモ隊より警備の機動の人数の方が多くなることもしばしばあり、さらに機動デモ隊をぐるりと包囲する形で監視していることもしばしばみられる。これにより、日本でのデモ活動では事前計画を超えることが難しく、デモが自然発生的に大規模化する現象が起りにくい。 昨今の日本のデモ
36キロバイト (5,667 語) – 2021年7月14日 (水) 23:23
事を荒立てても解決しないよ

1 名無し募集中。。。 :2021/08/24(火) 21:40:47.38 0.net

東京パラリンピックが開幕した24日、開会式の会場となった国立競技場(東京都新宿区)周辺では、開催に反対する団体が抗議デモ行った。

午後7時ごろ、開会式会場から約500メートル離れた秩父宮ラグビー場前に約50人が集まった。
「今すぐ止めろパラリンピック」「命を守れ、強行するな」など、拡声器を使い大音量で主張した。
大勢の警察がデモ団体の周囲を囲み厳戒態勢を敷いていた。
午後8時ごろ、開会式が始まると参加者らの怒りはさらにヒートアップ。声を荒げ、罵声が飛び交い、物々しい雰囲気に包まれた。
デモ隊の1人は興奮気味に「仲間が警察にけがをさせられた。頭から血を流していた。逮捕者もでた。仲間を返せ」などと訴え、緊張が走った。

東京五輪の開・閉会式のときは、お酒を片手に式のライブ中継をパブリックビューイングを観戦するような雰囲気の下、大勢の人が集まっていた。
五輪開催を反対する団体も集結し、抗議のシュプレヒコールを挙げてはいたが、警備との目立った衝突はなし。
花火が上がる度に「おーっ」と歓声を挙げるなど、むしろ楽しむ雰囲気すら漂っていたのだが……
パラリンピックの開会式ではそのような姿は見られず、怒気を強めた抗議の声が響き、警察と衝突する事態にまで発展した。

(出典 www.nikkansports.com)


(出典 www.nikkansports.com)


(出典 www.nikkansports.com)

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/paralympic/news/202108240000995.html

続きを読む

続きを見る