まとめサイト様の相互RSSはこちらから

静岡補選の山﨑真之輔議員の〝素顔〟 元愛人が怒りの告白

静岡補選の山﨑真之輔議員の〝素顔〟 元愛人が怒りの告白

不倫してたんだから同罪なんじゃ?嫌なら断ればよかっただけだし。

1 マカダミア ★ :2021/11/05(金) 17:35:52.22

数々のドラマのロケ撮影が行われた静岡・浜松市の中田島(なかたじま)砂丘。14年夏のある夜、一組のカップルがこの場所を訪れていた。砂浜に続く坂を下り、不安定な足元に女性が戸惑いを見せたときだった。傍(かたわ)らの男性がスッと手を差し出す。「ありがとう」と女性。二人はつながれた手をそのままに、1時間ほど散策し、キスした。お互いの気持ちを確認すると、乗ってきた車に戻り、そのまま抱き合った。

「その夜、食事の帰りに、彼にドライブに誘われたことが交際のきっかけでした。彼は、ある団体で活動を共にしてきた10年来の仲間です。ただ、男女の付き合いが始まってから、私が喜びを感じることはなかった。私の体を求めるときだけ連絡があり、それ以外は無視。結局は彼の性欲処理のために利用されたんだと、いまは確信をもって言えます」

女性(以下、Aさん)がこう糾弾するのは、山﨑真之輔氏(40)である。交際開始当時、山﨑氏は静岡県議会議員だった。妻との間に3人の子供に恵まれ、Aさんとは不倫関係だったことになる。

その山﨑氏はこの秋、全国的な注目を一身に集めた。総選挙と日程が一部重なった参院の静岡補選に、立憲民主、国民民主両党の推薦を受けて出馬し、自民党の公認候補を破ったのだ。

「与党側は、静岡と同じ10月24日投開票の参院山口補選と合わせ、2連勝して1週間後に控える総選挙の弾みにしたかった。山﨑氏の勝利によってその思惑が崩れ、〝静岡ショック〟とも呼ばれました」(全国紙政治部記者)

山﨑氏が支持を集めた理由の一つに、親しみやすいキャラクターがある。インスタには日々の政治活動を伝える投稿に加え、家族と誕生日を祝い、家事にも積極的に取り組む姿をアップ。「良きパパ」アピールに余念がなかった。その裏でAさんとの不倫を続けていたのだが、山﨑氏の〝素顔〟はあまりに身勝手だった。

「14年の夏に結ばれて以来、何度連絡しても会えずじまい。年末に『ほかの人を見つけて幸せになってほしい』と一方的に言われ、私はフラれたんだと思いました。しかし、その2ヵ月後に団体の食事会で顔を合わせると、『自宅まで送ってほしい』と言われたんです」(Aさん、以下断りがない場合は同じ)

続きは以下で
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0f137c164d45f167d0402e8e325b0462b6dd886

続きを読む

続きを見る