まとめサイト様の相互RSSはこちらから

韓国でまたも水道水に異変、日本の原発処理水放出への猛反発との矛盾 – 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

韓国でまたも水道水に異変、日本の原発処理水放出への猛反発との矛盾 – 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

韓国でまたも水道水に異変、日本の原発処理水放出への猛反発との矛盾 – 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

NO.9658009

韓国でまたも水道水に異変、日本の原発処理水放出への猛反発との矛盾

韓国でまたも水道水に異変、日本の原発処理水放出への猛反発との矛盾

韓国で2018年冬季五輪が開かれていたピョンチャン(平昌)。11日、その近くのチュンチョン(春川)市内の家庭などの水道水の蛇口から、「青い水が出ている」などといった指摘が相次いだ。

韓国メディアが伝えたところによると、9日午前、取水場のバルブの連結部分が破損したことから、市はポンプの稼働を停止し緊急工事を実施。復旧後、水が濁る現象が発生したという。

ネット上には、水道の蛇口から青や茶色の液体が出る様子を撮影した写真が投稿された。市は復旧作業に当たる一方、街に給水車を出したほか、住民にミネラルウォーターを供給するなどの対応を取った。

韓国では1年前にも水道水から幼虫が発見される問題が相次いで発生し、騒動となった。

発端は昨年7月、ソウル近郊のインチョン(仁川)市に「水道水に幼虫がいるのが見える」といった苦情が寄せられたこと。その後、市内で同様の指摘が相次ぎ、やがて近郊のキョンギド(京畿道)や東南部のプサン(釜山)市など、全国各地に広がった。

韓国の環境省が調査したところ、インチョン市で見つかった幼虫はユスリカの一種であることが分かり、浄水場の不純物を取り除く活性炭ろ過池で幼虫が増殖した可能性が指摘された。

キョンギ道では騒動後に行われた調査でチョウバエの幼虫やミミズなどが発見され、これらはマンションの貯水槽や排水溝などから入り込んだと見られている。

騒動後、韓国の大手スーパーではシャワーフィルターやミネラルウォーターの売り上げが急増したという。

韓国の水道局は、水道水を飲んでも問題ないとしているが、国民は信用しておらず、水道水を直接飲むことは一般的にない。どの家庭でも沸かして飲むか、浄水器を設置するか、ミネラルウォーターを購入している。また飲食店ではウォーターサーバーを設置し、浄水器を通した水を提供している。

【日時】2021年07月13日 10:44
【提供】wow!korea
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る