まとめサイト様の相互RSSはこちらから

鳥取 出土した頭蓋骨を元に最新技術で「弥生人男性の顔」復元

鳥取 出土した頭蓋骨を元に最新技術で「弥生人男性の顔」復元

東経133.991667度 / 35.513333; 133.991667 青谷上寺地 遺跡 青谷上寺地遺跡(あおやかみじちいせき)は、鳥取県鳥取市青谷青谷にある、弥生時代の集落遺跡。国道青谷羽合道路及び鳥取県道274号青谷停車場井手線の建設にともない、1998年(平成10年)度から3年3か月の期間をかけて、遺構面の面積で延べ約55
5キロバイト (775 語) – 2021年10月30日 (土) 22:20
夢見がちになるんだよね

1 少考さん ★ :2021/10/31(日) 12:48:51.88

これが「弥生人」の顔…彫り深く低い鼻・髪は太く黒々、DNA分析で復元
https://www.yomiuri.co.jp/culture/20211031-OYT1T50036/

2021/10/31 12:16

鳥取市 青谷町あおやちょう の「青谷 上寺地かみじち 遺跡」で見つかった人骨と、骨から採取したDNAの分析から、弥生人の顔を復元した胸像を鳥取県が作成した=写真=。国立科学博物館の監修のもと復元したもので、遺伝子情報を基にした弥生人の復顔は全国で初めてという。

青谷上寺地遺跡では2000年、弥生時代後期(約1800年前)の男性の頭蓋骨と脳が、ほぼ完全な状態で発見された。復元には頭蓋骨と、そこから採取できたDNAを用い、個体の約4割のゲノム(全遺伝情報)解析に成功した。

その結果、父系は日本古来の縄文人、母系は渡来系で、頭髪は黒々とした太い毛だったことが判明。頭蓋骨の形状に合わせて表情を作る筋肉を粘土で型どりし、髪の毛は人工毛で製作した。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

続きを読む

続きを見る