まとめサイト様の相互RSSはこちらから

20歳大学生ひき逃げ事故の裁判で懲役9年判決、遺族の父憤り

20歳大学生ひき逃げ事故の裁判で懲役9年判決、遺族の父憤り

姶良市(あいらし)は、鹿児島県中央部に位置する人口約7万7000人の市。鹿児島湾(錦江湾)の奥側に位置する。鹿児島市のベッドタウンとして発展している。 2010年に姶良町・加治木町・蒲生町の3町による新設合併により誕生した。市内を九州自動車道、JR日豊本線が通り、隣接する鹿児島市のベッドタウンとして
159キロバイト (26,474 語) – 2021年10月28日 (木) 17:36
人命の重さとは

1 ユーキャンキャン(SB-Android) [CN] :2021/10/30(土) 18:13:29.86

「息子の命は被告の9年分なのか」獣医師を夢見た20歳の大学生、命を奪った飲酒運転の罪の重さ【鹿児島発】
https://news.yahoo.co.jp/articles/9af26f79481ef484f40569452299c9ad5ad32d48

今年2月、まだ、夜も明けぬ未明の鹿児島市の国道で、青信号で横断歩道を自転車で渡っていた20歳の大学生が、飲酒運転の暴走する車にはねられ死亡した。8時間あまり飲酒して大学生をはねた26歳の男に言い渡された判決は懲役9年。大学生の両親は「息子の命は被告の9年分なのか。虚しすぎる」と訴える。

■鹿児島大学1年生の命を奪った飲酒運転の暴走車

 2021年2月9日午前5時50分ごろ、鹿児島市の国道10号で鹿児島大学共同獣医学部1年の宮崎大喜さん(当時20)が、飲酒運転の軽乗用車にはねられて死亡した。軽乗用車を運転していたのは、姶良市(あいらし)の建設作業員・八木優斗被告(26)。危険運転致死と酒気帯び運転、ひき逃げの容疑で逮捕されたが、鹿児島地検は危険運転致死と酒気帯び運転で八木被告を起訴。ひき逃げは不起訴とした。鹿児島地裁での裁判員裁判は10月19日に始まった。「なぜひき逃げでは起訴されなかったのか」「なぜ息子は殺されなければならなかったのか」、宮崎さんの両親は、いくつもの疑問を抱え法廷に臨んだ。

続きを読む

続きを見る