まとめサイト様の相互RSSはこちらから

83歳トラクター修理の達人 約100年前のエンジン復活 燃料ポンプ自ら設計

83歳トラクター修理の達人 約100年前のエンジン復活 燃料ポンプ自ら設計

83歳トラクター修理の達人 約100年前のエンジン復活 燃料ポンプ自ら設計
83歳トラクター修理の達人 約100年前のエンジン復活 燃料ポンプ自ら設計
 【北海道音更町】町万年基線28の元農業茂古沼一(くに)さん(83)は、業界で知られたトラクター修理の達人。これまでに1000台以上を手掛け、型式の古いオールドトラクターの依頼が十勝管内外から寄せられる。9月も約100年前の英国製トラクターの修理が舞い込み、エンジンが掛かるまでに復活させた。

 茂古沼さんは、一級農業機械士の資格を持ち、オールドトラクター保存会の会長も務めている。自身も古い型式のトラクターを20台以上所有している。「エンジンが掛からなければトラクターとは言わない。トラクターは動いてこそ」が持論で、これまでにもオールドトラクターの修理依頼が各地から寄せられており、ボランティアで応じている。

 9月下旬には、上川管内上富良野町にある土の博物館「土の館」から、展示保存している旧フォードソン社製のF型トラクターの依頼があった。3年前にも修理した車両だが、エンジンが動かなくなったという。自前のトラックで同館まで取りに行き、自宅で修理した。

 約100年前に製造されたF型トラクターは、鉄車輪で、燃料タンクは2つ付いている。ガソリンでエンジンを温め、動かす時は主燃料の灯油にスイッチで切り替える。前回の修理では、もともと付いていなかったキャブレターを新たに作って取り付けるなどし、ガソリンだけで動くように改造した。

 現在は製造元がなく、当時と同じ部品を入手することはできない。動かすためには必要な部品を自分で考え、業者に発注して取り付けている。今回も故障箇所を見つけて、燃料ポンプなどを自分で設計し、業者に作ってもらった。

 依頼があってか..

【日時】2021年10月02日 13:13
【ソース】十勝毎日新聞
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る