「いだてん〜東京オリムピック噺〜」無料動画【1話〜最終回】見逃し配信を全話無料視聴できる動画配信サービスを紹介

いだてん〜東京オリムピック噺〜

ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の動画を全話見たい方に向けて、無料視聴する方法・あらすじや視聴者の感想まで解説していきます。

\1ヶ月間無料レンタル!/

1ヶ月以内に解約で料金は一切かかりません。

ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の見逃し動画の配信状況まとめ

ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」を全話見れるのはTSUTAYA TV/DISCASだけ!

ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」は、TSUTAYA TV/DISCASで
1話から最終回までの全話が見放題で配信中!

さらにTSUTAYA TV/DISCASでは今なら【30日無料お試しキャンペーン実施中!

ドラマに強い動画配信サービスを調査した結果、ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」を無料お試し視聴できる動画配信サービスは「TSUTAYA DISCAS」のみです。

ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の見逃し動画を全話見るなら、TSUTAYA DISCASで見る以外にありません。

配信サービス配信状況無料期間
TSUTAYA DISCAS (ツタヤディスカス) TSUTAYA DISCASで配信中
30日間無料
今すぐ見る
FOD✖️
14日間無料
U-NEXT✖️
31日間無料
Paravi (パラビ)✖️
2週間無料
Hulu (フールー)✖️
14日間無料
Amazon Prime Video✖️
30日間無料

TSUTAYA TV/DISCASの特徴

  • 登録しなきゃ損!初回30日無料キャンペーン
  • 宅配レンタルが1ヶ月無料で借り放題
  • 動画配信サービスTSUTAYA TVの1万作品以上が見放題

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」TVerの動画配信状況は?

現在「TVer」や「GYAO」ではドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」は配信されていません。

完全無料の「TVer」「Gyao」などの動画配信サービスにはデメリットが多いので注意しましょう。

「TVer」や「GYAO」のデメリット

  • 画質が悪い
  • 音質が悪い
  • 最新話を1週間しか見られない
  • 視聴に別のアプリが必要な場合がある

「TVer」「GYAO」などの完全無料配信サービスを使った感想としては、特にCMが多くて長いのが不便でした。

ストレスなく快適にドラマの動画を楽しみたいなら、無料お試し期間がある「TSUTAYA DISCAS」などの動画配信サービスがお得です。

PandoraやDailymotionは個人情報流出の危険

ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」は、PandoraやDailymotionにもドラマの動画が配信されていることがあります。

しかしPandoraやDailymotionの動画は第三者により違法にアップロードされた動画です。

そのような完全無料の違法動画サイトは、架空請求の広告やウィルスによる住所やクレジットカード情報など個人情報漏えいの恐れがあります。

ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」あらすじ

物語は1959年、インフラ整備が進む五輪招致目前の東京の寄席で開かれた古今亭志ん生による「オリンピック初参加にまつわる噺」で始まる。さかのぼること50年前の1909年、東京。柔道の創始者・嘉納治五郎は「スポーツ」という言葉すら知られていない時代に日本初のオリンピック選手派遣に向けて悪戦苦闘の末、選手選考会を開催。東京高等師範学校の学生・金栗四三がマラソンで日本人初のオリンピック出場権を勝ち取る。

熊本の山間にある農村で生まれ育った四三は、幼いころ学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服し脚力を身に着ける。中学校卒業後は海軍兵学校進学を志望するも不合格。幼なじみの春野スヤに励まされて気持ちを切り替え、憧れの嘉納治五郎が校長を務める東京高等師範学校へ進学する。慣れない東京で学生生活を送るある日、街中を疾走する集団・天狗倶楽部に遭遇した四三は初めて「マラソン」を知り衝撃を受ける。徒歩部に入部し益々走ることに夢中になる四三はオリンピックのマラソン選考会の参加募集を知り出場、日本では前代未聞の長距離かつ悪天候で多くの脱落者が発生するなか優勝する。代表選手に内定した四三は、国の代表という重圧や旅費の自己負担などに戸惑い悩む日々を送るが、嘉納の説得、仲間たちの応援、兄・実次の尽力に助けられ、前向きに練習を重ねていく。1912年5月16日、四三は選手団長の嘉納が出国できないトラブルの中、監督の大森兵蔵と妻の安仁子、短距離走代表の三島弥彦の3人と共に開催地であるストックホルムへ出発する。現地に到着した4人は、長い旅路での疲労、兵蔵の病臥、不慣れな白夜、沈鬱した弥彦の自殺未遂騒動といったアクシデントが続き困憊するが、四三の叱咤激励と協力で弥彦は立ち直り、兵蔵も快方に向かい、嘉納も遅れて合流する。こうして迎えた開会式、四三のこだわりで「NIPPON」と表記したプラカードを掲げ日本選手団は入場。100m走に臨んだ弥彦は予選敗退したものの、自己ベストを更新。400m予選では準決勝に進出するが、外国人選手との格段な実力の差を悟り力尽きた弥彦は勝利を四三に託し棄権する。そして長距離走に出場した四三は、途中足の痛みや苦しさを感じながらも応援してきた仲間や幼き日の自身の幻影に励まされ20位まで順位を上げていく。しかし、多くの脱落者が発生するほどの猛暑により四三も日射病を発症し、道を誤り辿り着いた民家で失神。ガイドと公使の判断でそのまま宿舎へ戻り、ゴール出来ずに終了する。

一方、語り部である志ん生こと美濃部孝蔵の若き日々も並行して描かれる。浅草を拠点に自堕落に生きていた孝蔵は、ある日、噺家・橘家円喬の高座を目にして強く心を惹かれ、落語に傾倒、円喬の弟子となり「三遊亭朝太」の芸名を与えられる。また、1960年の志ん生の元に『志ん生の「富久」は絶品』と書かれた絵葉書を手にした青年が訪れ、五りんとして弟子入りする

ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」出演キャスト

織田 唯愛
生田 斗真

ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」感想まとめ

女性
金栗四三の時は日本が初めてオリンピックに出場するころの話が中心でした。
戦前に幻の東京オリンピックがあったことを知り、昭和のそれは大層盛り上がったのだろうと想像しました。

そして、田畑政治の時は昭和の東京オリンピックの話題でした。
個人的にはデザイナーの亀倉氏のデザインが好きだったので、それに目が行きながらも、ストーリーを楽しみました。 

女性
オリンピックと言えば、世界平和を象徴としたスポーツの祭典。というイメージですが、それを掲げたオリンピックを開催できるまでには、様々な人が関わって、人生をかけたと言っても過言ではない功績があり、今があるのだと認識させてくれる作品でした。
かといって、ダークなドキュメンタリーではなく、脚本家のクドカンさんらしいコミカルで軽快にストーリーが展開していくので、サラッと見られるのが良かったです。
また、金栗さんを中心とする選手目線、田畑さんらを中心とする誘致・運営目線、そしてその時代を共に歩んできた落語家の古今亭志ん生の半生とリンクしながら進行していくので見応えがありました。
キャストも金栗に中村勘九郎さん、田畑に阿部サダヲさん、古今亭志ん生にはビートたけしさん、森山未來さんなど、通常共演シーンを目にすることのない俳優陣が揃っていて超豪華。さすがは大河のキャスティング。
スポーツが人々に与える勇気や感動、役割りをあらためて感じさせてくれたドラマです。
女性
いだてん〜東京オリムピック噺〜は、視聴率は低かったのですが、阿部サダヲの強烈なキャラは今でも印象が残っていあるので、けして失敗作だとは思えません。強いて言えば、47回放送というロングランに、今のスピード時代で気が短い視聴者が我慢できなかったのかも知れません。
五輪の組織委員会をクビになった田畑が、それでも諦めきれずに自宅で運営を進めようとし、そこに岩田や松澤らが自然と集まったのは田畑の人徳というか、熱意が十分伝わっていたようで、微笑ましかったです。
そもそもがアジア大会での不祥事の責任を押し付けられた不条理にも、IOCを追い出されても、めげずに頑張った田畑には頭が下がりました。
川島正次郎という政治家の私利私欲、名誉欲、自己中によって振り回された田畑には同情出来ました。
政治に振り回された点では、ソ連兵に撃たれて死んだ小松勝の悲劇や戦争のせいで幻の東京オリンピックになってしまった嘉納治五郎の無念さや、スエーデンでの大会で不完全燃焼に終わった金栗四三も雪辱をはらせなかった無念も1964年のオリンピックで報われました。
最終回に岩田から手渡されたストップウォッチを握りしめてスタンドにたたずむ田畑の姿は感動的でした。
女性
前半は金栗四三の半生でした。日本人がオリンピックで勝つことの難しさを実感しました。後半は田畑政治が嘉納治五郎の遺志を継いで東京オリンピックを実現させるために奔走した様子が描かれていました。そしてついに開幕!全てのエピソードが新鮮でとても感動しました。
女性
このドラマを見て、オリンピックに対する思いが何倍にも膨れ上がりました。今まで、オリンピックのほんの一面しか見ていなかったなあと思います。四年に一度のオリンピック、私達は華やかな場面しか見ていませんが、その裏で、多くの時間と、多くの人の思い、努力が重なっているんですよね。選手以外にも沢山の人が関係している事が実感できました。ドラマの始めの方は、ビートたけしさんの落語の語りとか、今昔混ざっての展開が、しっくりこなかったのですが、回を重ねるごとに面白くなっていって、最後まで見ると、その伏線の回収の素晴らしさに感動しました。その時代その時代で、政治的なものとか情勢がなんだかんだありますが、平和の祭典を開催できるって、すごくありがたい事だなと思わされました。金栗四三役の中村勘九郎さんと、奥さん役の綾瀬はるかさんの夫婦の姿は、特に良かったです。夫婦の歴史とその愛に、心が温まりました。

\2週間無料で「いだてん〜東京オリムピック噺〜」をみる!/