まとめサイト様の相互RSSはこちらから

JR京葉線の幕張新駅名は「幕張豊砂」に決定、2年後に開業予定

JR京葉線の幕張新駅名は「幕張豊砂」に決定、2年後に開業予定

幕張豊砂駅(まくはりとよすなえき)は、千葉県千葉市美浜区浜田二丁目に建設中の東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉線の駅である。 京葉線新習志野駅と海浜幕張駅(駅間3.4 km)のほぼ中間、イオンモール幕張新都心近くに建設中の請願駅である。2020年5月15日にJR東日本が工事着手を正式発表した。千葉県内
34キロバイト (4,452 語) – 2021年10月29日 (金) 21:59
パッとしない感じ

1 七波羅探題 ★ :2021/10/29(金) 14:30:38.41

JR東日本千葉支社は29日、京葉線の新習志野-海浜幕張間で、2023年春開業予定の新駅(千葉市美浜区)の名称を「幕張豊砂(まくはりとよすな)」とすることを発表した。千葉市在住、在勤、在学者を対象に公募した候補名から選出した。JR東の駅名公募は、20年3月に開業した山手線高輪ゲートウェイ以来2駅目。

駅用地前で大規模商業施設を展開するイオンモールと千葉市、県で構成する幕張新都心拡大地区新駅設置協議会(代表・神谷俊一市長)が18年4月にJR東と基本協定を締結して設置が決定。20年7月に駅舎などの本格工事に着工した。費用負担割合はイオンモールが2分の1、千葉市、県、JR東が各6分の1。概算事業費は約115億円を見込んでいる。

JR東は当初、駅名は同協議会の意向を参考に同社が決めるとしていた。

千葉日報2021年10月29日 14:01
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/844816

続きを読む

続きを見る