『行列の女神〜らーめん才遊記〜』1話から無料動画・見逃し配信を全話フル視聴する方法

ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」無料動画

2020年4月期、テレビ東京のドラマBiz「行列の女神〜らーめん才遊記〜」は、グランメゾン東京で話題を呼んだ鈴木京香主演の食をテーマにしたドラマ。

本ページでは、ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」の見逃し配信・無料動画を1話からの全話を無料で観れる動画配信サービスをご紹介します。

 

\2週間無料視聴可能!/

2週間以内解約で料金は一切かかりません。

ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」動画の見逃し配信視聴リンク

ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」の動画を視聴する方法は、3つあります。

それぞれの動画配信サービスで向いてる人が異なるので簡単に説明します。

MEMO
  • テレビ局の公式サービス「Paravi」で見る
    ➡︎安全・快適に全話を視聴したい方向け
  • TVer・GYAO・TBSFREEで最新話だけ見る
    ➡︎広告が長くても気にしない最新話だけ見たい方向け
  • 海外の動画サイトで見る
    ➡︎画質・ウィルス感染のリスクを気にしない方向け
       ※違法動画サイトはおすすめできません

「行列の女神〜らーめん才遊記〜」動画を視聴するならテレビ東京公式「Paravi」がおすすめ

ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」の動画を安全・快適に視聴するなら、テレビ東京公式動画配信サービスである「Paravi」がおすすめ。

Paraviがおすすめの理由
  1. 動画を2週間無料視聴できる
  2. ダウンロードで通信量を気にせず視聴可能
  3. 毎月貰えるチケットで300円のレンタル作品が無料
  4. Parvi独占配信作品多数!オリジナルストーリーが充実
  5. 広告一切なし!ストレスフリーな動画視聴

Paraviでは、TBSドラマ以外にもテレビ東京ドラマWOWOWドラマの動画の品揃えも豊富です。

もちろん無料期間中もTBS・テレビ東京ドラマWOWOWドラマが見放題。

 

テレビ局の公式動画配信サービスは他にもありますが、ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」が視聴できるのは「Paravi」だけです。

配信サービス配信状況無料期間
Paravi2週間無料
今すぐ見る
U-NEXT✖️31日間無料
FODプレミアム✖️ 14日間無料
Hulu✖️14日間無料
Amazon Prime✖️31日間無料

「行列の女神〜らーめん才遊記〜」最新話はTVerで視聴可能

「TVer」などでも「行列の女神〜らーめん才遊記〜」が配信されると予想されますが、完全無料の動画配信サービスにはデメリットも多いので注意しましょう。

「TVer」など完全無料サービスのデメリット
  • 画質が悪い
  • 音質が悪い
  • 最新話を1週間しか見られない
  • 視聴に別のアプリが必要な場合がある

「TVer」などの完全無料配信サービスを使った感想としては、特にCMが多くて長くて不満でした。

ストレスなく快適にドラマの動画を楽しみたいなら、無料お試し期間がある「Paravi(パラビ)」がお得です。

「行列の女神〜らーめん才遊記〜」は海外の動画サイトで見るべきではない

ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」を海外の動画サイトで視聴するのは、おすすめできません。

画質が悪く、ウィルス感染のリスクがあるため視聴するのは辞めましょう。

注意

海外の動画サイトにもドラマの動画が配信されている場合もあります。

しかし、その動画は違法アップロードされた動画のため、間違ってダウンロードされると犯罪になってしまうのです。

さらに海外の違法動画サイトは、1クリック詐欺ウィルス感染する海外のサイトに飛ばす広告があるため、大変危険です。

個人情報流出を防ぐためにも、海外の違法サイトで動画を視聴することはおすすめできません。

Paravi(パラビ)登録・解約方法

Paravi(パラビ)の登録は、難しい操作がなく誰でもすぐに登録できます。

手順がわかれば登録はたったの1分もあれば完了しますので、Paravi(パラビ)の登録手順を詳しく解説していきます。

STEP.1
アカウント作成方法を選ぶ
STEP.2
住所・メールアドレスなど基本情報を入力
 
STEP.3
支払い方法を入力して完了

Paravi(パラビ)の解約方法も同様に、いつでもすぐに解約できます。

Paravi(パラビ)解約手順は以下の通りです。

STEP.1
アカウント情報の「契約プランの確認・変更・解約」を押す
STEP.2
「解約を続ける」を押す
 
STEP.3
解約理由に答えて「申し込む」を押して完了

ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」1話からのあらすじ

ラーメン業界をけん引する日本一の職人・芹沢達美(鈴木京香)の店で、芹沢の部下・夏川彩(高橋メアリージュン)は、新作ラーメンに手を付けない女性客(黒島結菜)を発見。芹沢が手掛けたラーメンを「味がイマイチ」だと酷評し夏川は憤慨するが、その女性客が会社の面接にやって来て――。しかも半年前に初めてラーメンを食べたというラーメンド素人にも関わらず、芹沢に「このラーメンをおいしくすることができる」と言い放つ。

【出典:公式サイト】

1話あらすじ

今や世界に誇る大人気国民食ラーメン。華やかだが過酷なラーメン業界をけん引するひとりのカリスマ職人が、苦境にあえぐラーメン店を救う、ラーメン・コンサルティングの物語。

連日大行列ができる人気店『らあめん清流房』店主・芹沢達美(鈴木京香)は、研鑽を積み、数々の伝説を打ち立てた日本一のラーメン職人。いま彼女が挑んでいるのは、自ら始めたラーメン専門のフード・コンサルティング会社「清流企画」で、苦境にあえぐラーメン店を救い出し、この国のラーメン文化をさらに飛躍・発展させることだ。

そんな中、「清流企画」社員の夏川彩(高橋メアリージュン)は、店で月替わりのラーメン・特製肉だし清湯麺に手を付けない女性客(黒島結菜)を発見する。理由を尋ねると、「フムフムって感じ」というわかりづらい返答が。要は「味がイマイチ」らしく、芹沢の新作を否定する女性に、夏川は会社に戻って怒りを爆発させる。部長の河上堅吾(杉本哲太)や、同僚の白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)がなだめていると、ラーメン評論家の有栖涼(石塚英彦)と共に、ひとりの女性が会社を訪ねてくる。就職の面接に来たというその女性は、なんとラーメンを否定した女性客・汐見ゆとりだった。話によれば、半年前に初めてラーメンを食べて感動しこの会社を希望したという、いわばラーメンのド素人。さらに清湯麺を考案した芹沢を前に、平然と「このラーメンをおいしくすることならできる」と言い放つ。芹沢は、試しに調理をさせてみることにする。だが、ゆとりは生麺を一本食べただけで加水率・茹で時間をズバリとあて、さらに用意されたスープが完全に処理し切れていないことまで気づく。そうして出来上がったラーメンは、芹沢も納得するほどの素晴らしい出来栄えだった。だが、会社には、芹沢の機嫌を損ねたのではという、ピリついた空気だけが残り、社員誰もがゆとりの不採用を確信する。

ところがしばらくして、ゆとりから「困っているラーメン屋さんを見つけた」との連絡が。採用確実と思い込み、すっかり社員気取りで、勝手に仕事を請け負ったという。河上らは仕方なくその潰れそうな『京来軒』へ出向き、店主夫妻の郷田正一(泉谷しげる)と秋江(川俣しのぶ)から話を聞くが、着手金が3万円しか払えない状況で、河上は話にならないと断ろうとする。しかし芹沢が電話口で告げたのは、「引き受けてもいい」という意外な答え。ただしコンサルティングの担当はゆとりで、1週間で結果を出せば採用という過酷な条件を提示する。

2話あらすじ

汐見ゆとり(黒島結菜)が入社して1週間。雑用ばかりで退屈そうなゆとりに、芹沢達美(鈴木京香)は、夏川彩(高橋メアリージュン)のクライアント先に同行し、実地見学をするように指示。ゆとりを快く思わない夏川は嫌悪感を露わにするが、芹沢は社長命令と一蹴する。だがそこにはあるもくろみがあって…。

夏川のクライアントは、おしゃれな雰囲気漂う街にある『とんこつラーメンさかぐち』。坂口琢磨(浅利陽介)と妻・恵(金澤美穂)が3カ月前にオープン。味はハイレベルだがまったく客が入らず、「清流企画」に立て直しを依頼したのだ。原因は土地柄と店が合っていないことにあると睨んだ夏川は、思い切って店舗をカフェ風に改装。店名も『noodle Cafe TMY』と改めた。すでに新メニュー開発も終え、あとは最終確認を残すのみだった。ところが夏川考案のイタリアン風ラーメンを口にしたゆとりは、なぜか表情を曇らせる。

その頃、芹沢は、有栖涼(石塚英彦)が担当したグルメ雑誌の記事について、オフィスで本人にダメ出しをしていた。雑誌のとあるページで、カメラマンをしているゆとりの父・汐見亮二(利重剛)の名を見つける。と同時にあることに気づいた芹沢は、やがてゆとりの家族のある秘密にたどりつく。

3話あらすじ

汐見ゆとり(黒島結菜)は「清流企画」にきた新たな依頼を勝手に引き受けてしまう。不安げな河上堅吾(杉本哲太)をよそに、芹沢達美(鈴木京香)は「そんなに行きたいなら行けば」と許可を出す。担当者として早速、依頼人『つけ麺あんざい』店主・安西徳之(窪塚俊介)のもとへ。
安西の出すつけ麺はゆとりも納得のおいしさだが、客が全く入らず頭を抱えていた。ところが時を同じくして、安西の妻・絵里(林田岬優)も「味惑コーポレーション」という別のコンサル会社に立て直しを依頼。店にフードコンサルタントの難波倫子(松井玲奈)を連れてくる。互いに相談なく話を進めたことで喧嘩を始める2人。一方倫子は表情を一変させ、「消え失せろ」とゆとりを威迫。あまりの凄みに圧倒されてしまう。

一方、開店時間を迎えた『らあめん清流房』でも波乱が起きようとしていた。ゆとりの母・橋爪ようこ(高畑淳子)が突如来店。辛辣な言葉を並べるラーメン否定主義者のようこVSようこの言動すべてにイラ立つ芹沢――睨み合う2人の間にかつてある事件があって……?
帰社したゆとりは、ようこと父・亮二(利重剛)の登場に慌てふためく。就職先の様子を見に来たというようこだが、真の目的は跡継ぎ問題だと踏んだゆとりは、「跡継ぎにならない!」と語気を荒げ頑なに拒否するが…。

そんな中、ゆとりは依頼がまだ保留中になっていることを報告する。ライバルの倫子は、この地域がつけ麺専門店の超激戦区なのが繁盛しない理由だと睨み、すでにプランニング済み。実際、安西は激戦区と知りながら腕試しで出店していた。一度は芹沢の会社に頼もうとしたものの、倫子の明確なプランを聞き、どちらに頼むか迷い始めた安西夫妻は、「よく話し合って決めたい」と言い出したという。状況を把握した芹沢は、「売られた喧嘩を買いに行く」と「味惑コーポレーション」へ。そこで2社によるコンペを提案する。

4話あらすじ

汐見ゆとり(黒島結菜)は、前回の依頼でコンペに負けて落ち込んでいた。そんなある日、上から目線の言動が災いし、クライアントから担当替えを要求された須田正史(前野朋哉)は、芹沢達美(鈴木京香)から長い説教をくらう。ラーメンが大好きなラーメンオタクとして、知識や能力は長けているのに、こだわりが強すぎるのが須田の難点だ。

そんな中、須田はゆとりを誘い『とび屋』というアゴダシで有名なラーメン店へ。こだわりの味を堪能していた2人だったが、突然店主の飛田(芹澤興人)と青年(堀井新太)の口論が店で始まり、騒動に巻き込まれてしまう。青年は連日店に現れ、「作り方のコツを教えてくれ」と訴えているらしく、あまりのしつこさに飛田が「警察を呼ぶ」とまで言い出す騒ぎに。
どうやら青年は、ラーメン屋を開きたいという。そんな中、ゆとりは須田の言うことも聞かず、青年の依頼を勝手に引き受けてしまう。青年の名は相川鉄也。25歳の若者で、一軒のラーメン屋から年商50億まで上り詰めた男性の特集をテレビで見て以来、“ラーメンドリーム”を目指しているという。だが開業資金はなんと50万円弱…さすがにこの資金で依頼を受けるのは無理かと思われたが、話を聞いた芹沢は苦笑しつつも依頼を許可。ただしメインは須田が担当し、ゆとりはサポートするよう命じる。

腑に落ちないながらも、須田はゆとり、相川と不動産屋で物件を探し始めるが、どう見積もっても予算オーバー。年齢や経歴から考えると融資も見込めずもはや八方ふさがりに…。着手金を返金し依頼を断ろうとする須田だったが、芹沢のある意外な提案でラーメン店開業に希望が見え始める。しかし、相川には大きな問題があった…。実はラーメンの作り方を全く知らない完全な素人だったのだ。芹沢は、須田とゆとりにラーメンの作り方をレクチャーするよう指示。早速新たなメニュー作りに取り掛かるが、そこでも須田の悪い癖が出てしまう……。

5話あらすじ

「清流企画」に、板橋区の中華食堂『おおひら食堂』店主・大平茂幸(螢雪次朗)・芳江(茅島成美)夫妻から依頼が舞い込む。事の発端は数日前。ラーメン評論家の有栖涼(石塚英彦)が、20年間、月イチで通う『おおひら食堂』でタンメンを堪能していると、夫妻からまもなく店を畳むことを告げられる。繁盛はしているが後継者がおらず、年齢を考えて引退したいと言うのだ。お気に入りの店を失いたくない有栖は、夫妻に後継者探しを「清流企画」に依頼するよう説得したのだ。
芹沢達美(鈴木京香)が考えたのは社員全員によるコンペの実施。夏川彩(高橋メアリージュン)、白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)、そして新人の汐見ゆとり(黒島結菜)が、己の人脈で後継者にふさわしい人を探し出し、能力を見て1人を選ぶという。とはいえさすがにゆとりには不利ということで、芹沢は人材探しも兼ねて、『らあめん清流房』のアルバイト面接を任せることに。意気揚々と面接に臨むゆとりだったが、面接の時間にやって来たのは覇気のない若者ばかり。遅刻しておきながら逆ギレする青年、派手なデコネイル女子、面接中も電話を止めない男子、母親同伴のニート…“有望”からはかけ離れた希望者しか現れず、絶望感にさいなまれる。そんなゆとりに、芹沢は人材探しの難しさを説くのだった。
結局ゆとりだけ候補者を見つけられないままコンペ初日を迎える。後継者選びの方法は『おおひら食堂』の看板メニュー・タンメン等のレシピを1日で習得し、各人3日間ずつ店で店主として働くという模擬営業。大がかりな内容だが、理想の候補者を見つけた夏川、白坂、須田は自信に満ち溢れている。「この店は私たち夫婦の生きた証。出来るだけ今まで通りの味を残していきたい」――そんな茂幸の熱き言葉と共に、運命のコンペが始まった。
不戦敗にはさせまいと、ゆとりはやむを得ず橋爪ようこ(高畑淳子)のクッキングスクール近くでスカウトを試みるが、ようこの部下に捕まってしまう。ところがコンペもまもなく終わろうとしていたある日、『おおひら食堂』で鷹野研次郎(音尾琢真)と名乗る酔っ払い客に突然「候補になってやる」と話しかけられる。ゆとりは無視しようとするが、鷹野が勝手に話を進めてしまい…。

6話あらすじ

汐見ゆとり(黒島結菜)は初めて『らあめん清流房』の手伝いに入れることになり、かなり浮かれている。一方、白坂隼人(小関裕太)は、担当する店の新メニュー開発でトラブルが発生。流行に乗ろうとする白坂の提案にクライアントが納得いっておらず、対応に追われていた。

そんな中、ラーメン業界最大手のチェーン店を経営する「楽麺フーズ」社長の蒲生博昭(マギー)が来店する。実はまもなくオープンする新店舗で、看板にする店舗限定メニューの開発を芹沢達美(鈴木京香)に依頼するため、『らあめん清流房』にやって来たのだ。ただし2社で争うコンペ形式。しかも相手は、以前期せずして戦うことになった、あの「味惑コーポレーション」の難波倫子(松井玲奈)だという。そこで芹沢はゆとりを担当に、白坂をサポートにつけ、蒲生の依頼を受けることに。

だが「無難な味で見た目がインスタ映えするぐらいがちょうどいい」という白坂に対し、ゆとりは「メニュー開発を依頼された意味がない」と反論。ふたりの意見は真っ向から食い違ってしまう。そこで白坂は開発の参考にするべく、初めて担当した『油そば専門店・まきはら』へゆとりを連れて行こうとするが、久々に訪れた店は『油そば専門店・きよた』に…。なんと数年前に店を「味惑コーポレーション」が買い取ったという。

報告を受けた芹沢は「問題ない」、河上堅吾(杉本哲太)も「終わった案件だ」と一蹴するが、何の連絡もなく売り払われてしまったことに、白坂はショックを隠しきれない。するとなぜかゆとりは「牧原は殺されている」と思い込み、「このまま放置はできない」と憤激。「味惑コーポレーション」に乗り込んで倫子に話をつけようとするが――。
一体白坂と牧原の間に何があったのか?ふたりは倫子に勝てる新メニューを完成させることができるのか?

ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」出演キャスト・スタッフ

出演キャスト

役名出演者
芹沢達美鈴木京香
夏川彩高橋メアリージュン
白坂隼人小関裕太
須田正史前野朋哉
有栖涼石塚英彦
河上堅吾杉本哲太

スタッフ

原作原作:久部緑郎、河合単「らーめん才遊記」 協力/石神秀幸
(小学館 ビッグコミックスペリオール「ラーメン発見伝」シリーズより)
脚本古家和尚
監督星護 池澤辰也
音楽佐橋俊彦
主題歌THEイナズマ戦隊「WABISABIの唄」(日本クラウン)
チーフプロデューサー浅野太(テレビ東京)
プロデューサー中川順平(テレビ東京) 倉地雄大(テレビ東京) 黒沢淳 (テレパック) 雫石瑞穂(テレパック)

ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」Twitterの声・評判

Twitter

Twitter

Twitter

ドラマ「行列の女神〜らーめん才遊記〜」感想・期待の声

男性
鈴木京香さん演じる主人公が、売れないラーメン店を盛り上げるグルメ×お仕事ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」。バラエティーでは数字の取れる「ラーメン」という題材と、ドラマで数字を残す「お仕事モノ」のコラボレーションに期待です。
男性
鈴木京香さん主演の「行列の女神~らーめん才遊記~」が面白そうです。グルメドラマとビジネスドラマ、テレビ東京の得意ジャンルの合わせ技一本!って感じですね。夜の10時にラーメンは、お腹が好きそうですけど(笑)。
男性
新ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」は、ラーメン店主の主演を鈴木京香さんが務めることで大変驚きましたが、店主と同時にコンサルティング業務で、他の店の業績も立て直す役ということで納得。その手法にも大いに期待し、視聴したいと思っています。
男性
行列の女神~らーめん才遊記~ 街のラーメン店を次々と繁盛させる芹沢を演じるのは鈴木京香さんです。鈴木さんと言えばグランメゾン東京のイメージが強く、今度はラーメンです。食べることに何かと縁がある鈴木さんの役が楽しみですね。
女性
「行列の女神~らーめん才遊記~」は鈴木京香が主演ということでそれだけで期待が高まっています。あんなにきれいな女性なのに、バリバリと働くと言う設定はかっこいいところも見せてくれそうです。飲食店業界の裏側も見られそうなので楽しみです。
男性
この「行列の女神~らーめん才遊記~」に、鈴木京香さんが人気ラーメン店の店主役として、どのようにして業績アップに導くのか、彼女が演じる女性社長・芹沢達美の活躍がすごく楽しみです。
ビジネスとグルメをテーマというのもすごく興味があります。
女性
「行列の女神〜らーめん才遊記〜」は、刑事もの好き、特にバディものが大好きな私にとって楽しみで仕方がないドラマです。しかも、頭脳派と肉体派バカのコンビは鉄板!私が大ファンである初代「相棒」に近いものを感じており、今からワクワクが止まりません。
女性
「行列の女神~らーめん才遊記~」の見どころは、ラーメン店の主人を鈴木京香さんが演じるということです。
原作では、ハゲたおじさんなんですが、ドラマでは女性になるという大胆な変更です。
どんなストーリー展開になるのか、期待大です。
女性
「行列の女神~らーめん才遊記~」では、毎回美味しそうなラーメンが登場するのを期待しています。私もラーメンが好きなので、毎回ドラマを観るたびに食べたくなってしまうでしょう。潰れそうなラーメン店が復活していく様子が楽しみです。
女性
「行列の女神~らーめん才遊記~」はラーメン業界を舞台にした作品だということで、夜10時というラーメンを食べるには背徳感を感じる時間帯で、ラーメン欲と戦いながら見たいです。小関裕太さんが出演されるのも楽しみです。
女性
シンプルなグルメものかと思っていた「行列の女神~らーめん才遊記~」ですが、意外と骨太でシリアスなストーリーと聞いてとてもワクワクしています。迫力のある美人な鈴木京香さんと、かわいらしくて素朴な黒島結菜さんの共演がとても楽しみ。
無料体験できる動画サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です