「探偵・由利麟太郎」無料動画【1話〜最終回】見逃し配信を全話無料視聴できる動画配信サービスを紹介

探偵・由利麟太郎

ドラマ「探偵・由利麟太郎」の動画を全話見たい方に向けて、無料視聴する方法・あらすじや視聴者の感想まで解説していきます。

\1ヶ月間無料レンタル!/

1ヶ月以内に解約で料金は一切かかりません。

ドラマ「探偵・由利麟太郎」の見逃し動画の配信状況まとめ

ドラマ「探偵・由利麟太郎」を全話見れるのはTSUTAYA TV/DISCASだけ!

ドラマ「探偵・由利麟太郎」は、TSUTAYA TV/DISCASで
1話から最終回までの全話が見放題で配信中!

さらにTSUTAYA TV/DISCASでは今なら【30日無料お試しキャンペーン実施中!

ドラマに強い動画配信サービスを調査した結果、ドラマ「探偵・由利麟太郎」を無料お試し視聴できる動画配信サービスは「TSUTAYA DISCAS」のみです。

ドラマ「探偵・由利麟太郎」の見逃し動画を全話見るなら、TSUTAYA DISCASで見る以外にありません。

配信サービス配信状況無料期間
TSUTAYA DISCAS (ツタヤディスカス) TSUTAYA DISCASで配信中
30日間無料
今すぐ見る
FOD✖️
14日間無料
U-NEXT✖️
31日間無料
Paravi (パラビ)✖️
2週間無料
Hulu (フールー)✖️
14日間無料
Amazon Prime Video✖️
30日間無料

TSUTAYA TV/DISCASの特徴

  • 登録しなきゃ損!初回30日無料キャンペーン
  • 宅配レンタルが1ヶ月無料で借り放題
  • 動画配信サービスTSUTAYA TVの1万作品以上が見放題

「探偵・由利麟太郎」TVerの動画配信状況は?

現在「TVer」や「GYAO」ではドラマ「探偵・由利麟太郎」は配信されていません。

完全無料の「TVer」「Gyao」などの動画配信サービスにはデメリットが多いので注意しましょう。

「TVer」や「GYAO」のデメリット

  • 画質が悪い
  • 音質が悪い
  • 最新話を1週間しか見られない
  • 視聴に別のアプリが必要な場合がある

「TVer」「GYAO」などの完全無料配信サービスを使った感想としては、特にCMが多くて長いのが不便でした。

ストレスなく快適にドラマの動画を楽しみたいなら、無料お試し期間がある「TSUTAYA DISCAS」などの動画配信サービスがお得です。

PandoraやDailymotionは個人情報流出の危険

ドラマ「探偵・由利麟太郎」は、PandoraやDailymotionにもドラマの動画が配信されていることがあります。

しかしPandoraやDailymotionの動画は第三者により違法にアップロードされた動画です。

そのような完全無料の違法動画サイトは、架空請求の広告やウィルスによる住所やクレジットカード情報など個人情報漏えいの恐れがあります。

ドラマ「探偵・由利麟太郎」あらすじ

由利麟太郎(吉川晃司)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵。頭脳明晰(めいせき)で「警視庁にその人あり」と言われるほど優秀な人物だったが、ある事件をきっかけに退職。現在では、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、骨董(こっとう)品屋を営む波田聡美(どんぐり)が家主となる部屋を拠点にしている。また、由利を「先生」と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従え、犯罪心理学者として活躍している一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。

そんな由利のもとに、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届く。「挑戦状だ!」と息巻く俊助とともに、早速、指定された場所へ向かった由利は、そこで血が滴る冷凍庫を発見。中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造の養女・日下瑠璃子(新川優愛)が全身を縛られ、血を流した状態で閉じ込められていた。
瑠璃子にまだ息があることを確認した由利は、救急車を呼び、冷凍庫の持ち主である日下の屋敷へと急ぐ。そして、由利の旧友でもある京都府警の等々力警部(田辺誠一)と合流し、俊助が人影を見たという2階へ駆け上がると、瑛造の息子・瑛一の部屋と思われる一室で、致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートを発見。さらに研究室では、日下が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかる。由利は、遺体の傍らに不気味に置かれた、血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になり——。

ドラマ「探偵・由利麟太郎」出演キャスト

ドラマ「探偵・由利麟太郎」感想まとめ

女性
ミステリー作家横溝正史の作品で、主役の由利麟太郎を演じる吉川晃司さんが、とてもかっこ良く、白髪のダンディーな感じが由利麟太郎のイメージにぴったり合った感じです。また、助手の見津木役の志尊淳くんも由利麟太郎を尊敬している感じがあり、由利麟太郎との関係性にでこぼこ感があり面白いと思います。
女性
横溝正史原作、舞台が京都のためか、パソコンやスマホが出てくる辺りは現代なのだがレコードや麟太郎が引く弓など、唱和っぽい、懐かしい雰囲気を持ったドラマで新鮮です。麟太郎の存在感が抜群で助手の三津木とのコンビまた、京都府警の等々力を含めた関係も面白いです。何より、ストーリーが面白く、引き込まれます。
女性
探偵・由利麟太郎は、横溝正史の世界を映像化。人によって好き嫌いが別れると思いますが、私は大好きです。あり得ない設定と、おどろおどろしい世界観、ちょっと昭和チックな雰囲気をかもし出しながら、スマホや防犯カメラも登場して、ああ現代なのかと気づかせてくれる、ちょっといびつな感じも面白いです。主役の吉川晃司さん、寡黙でとてもいい味を出していますが、探偵役としては、個性が足りないのかなあ。一般的な探偵役の人はいわゆる「変人」とされる人が多いせいでしょうか。ちょっとインパクトに欠けるかも。
男性
探偵・由利麟太郎は、吉川晃司さんと志尊淳さんを無駄遣いしてしまったドラマです。女優陣は頑張っていますが、何か脚本が残念な出来なので集中して見ることが出来ませんでした。横溝正史っぽい感じを出そうと頑張っているのは伝わりますが。
女性
初回の放送を見た時に随分シュールで不気味な場面が多いドラマだなと感じていたのですが原作が横溝正史さんだと知り納得がいきました。いかにも横溝作品という雰囲気が出ていて令和の制作のドラマながらも昭和も感じる事ができ昭和生まれで昔から横溝作品に馴染みがある者にとっては懐かしさも感じる作品というイメージです。まさかこの人が犯人だったのかと全く想像をしていなかった人が犯人でしたので初回の放送から早くも予想が外れて悔しかったです。
男性
探偵・由利麟太郎は、刑事を退職し、犯罪心理学者兼探偵となっている由利。助手でミステリー作家志望の俊助がつまづいても自分で答えを導けるように助言しているのも好きです。ほんと「先生」って感じで刑事臭さがないので不思議です。舞台になる場所が洋館が多く時代は今の時代設定なのにレトロ感も味わえて興味をそそります。元同僚で旧知の友、等々力警部も由利に協力的なので頼もしいです。先端恐怖症になった理由についても早く知りたいです。
女性
主人公の探偵由利麟太郎を演じる吉川晃司さんの渋さが爆発していて、とても格好良いと思います。
そして、江戸川乱歩の世界を連想させるオドロオドロしさが溢れていて、ミステリアスな本格的なミステリーという感じがします。
女性
花髑髏と名乗った日下瑠璃子が抱えた闇の部分を解放してあげるかの様な見事な推理力を見て、頭が切れるだけでなく優しく包み込む包容力がある主人公だなァと感じました。続く2話でも犯人だった井出圭一からの薬物や幻覚トリックの罠から吉岡エマを救いだした事も、これまた手際よく行動し、幅広い知識と記憶力をたどり、犯人逮捕へのアクションもカッコいいなと見入ってしまった感想を持ちました。
男性
由利麟太郎/吉川晃司さんならではの渋さと立ち居振る舞いがかっこいい。横溝正史の世界観満載でダークさがあり、ドラマ全体に不思議な魅力を醸し出しています!!予想もつかない結末で、驚きました。これから盛り上がりそうですね~。
女性
吉川晃司さんが、すごくかっこいいです。そして、由利麟太郎の放つ独特の世界観にも、ピッタリだなと思います。かなり怖い雰囲気になるのですが、三津木俊介のキャラクターが、それを和ませてくれているように思いました。
男性
探偵・由利麟太郎は、本格的な推理ドラマで笑いがほとんど無く真剣に推理をしたい人に持ってこいのドラマだなと感じました。由利麟太郎という寡黙で物静かな探偵にぴったりなのが吉川晃司だなと思いました。ベストキャストだなと思いドラマを見ています。
男性
探偵・由利麟太郎は、一昔前の王道的な探偵ものを思わせる雰囲気づくりにはとても惹かれました。しかし、時系列の表し方が視聴者に対して不親切だったり、最初に一気に展開された人物紹介が不要と思われたりと、あまり見やすい作品とは思えず、雰囲気が素晴らしいだけに少々残念に感じた作品でした。
男性
吉川晃司さんのもつ渋さがひかる、表情一つとっても見とれてしまう運びがスマートな印象が強い作品でまだ始まったばかりですが次週からの展開が楽しみな作品です。田辺誠一さんのサポート感の強い役回りも今後どのような影響を与えるのかが鍵の一つになるんでしょうが切れ味を維持した推理力がもっと見たいです。
男性
探偵・由利麟太郎は、見どころはズバリ、由利麟太郎!気品溢れるグレイヘア、謎な衣装も着こなす惚れ惚れする見事なプロポーション、無言でも芝居の成り立つ際立つ存在感、先端恐怖症なのに弓道、謎解きも楽しいですが、謎な設定さえ楽しめる、今クールのドラマの大穴です!
女性
セリフ回しや役者同士の関わり以上に、独特の陰影のある撮影シーンがそれぞれの存在感をうまく演出していたと思います。第1話では先端恐怖症と言う伏線がありながら、弓を引く精神統一シーン、また三木役の志尊淳氏の少々くどいまとわりつきが、かえって由利の冷静さを引き出す格好になっていました。原作とシチュエーション、動機共に異なりますが、かつての横溝シリーズに見られた、陰惨かつ淫糜な設定が後味の悪さを醸し出しているのも良かったと思います。犯人は子供を守るために殺人を犯しましたが、解決した結果、由利が抱える過去のようなものも彷彿させ、次回以降に期待が持てます。

\2週間無料で「探偵・由利麟太郎」をみる!/