ドラマ「天皇の料理番」無料動画【1話〜最終回】見逃し配信を無料視聴できるサービス

TBSの人気ドラマ「天皇の料理番」見逃し動画を1話から最新話まで、全話を無料視聴できる動画配信サービスを紹介します。

この記事では、他にもあらすじ・感想・出演キャストなどを紹介していきます。

恋はつづくよどこまでも(恋つづ)動画1話から最終回まで見逃し配信を無料視聴できるサービス

「天皇の料理番」の見逃し動画の配信状況まとめ

「天皇の料理番」見るならParaviがおすすめ!

ドラマ「天皇の料理番」は、Paravi(パラビ)で
1話から最終回までの全話が見放題で配信中!

さらにParavi(パラビ)では今なら【2週間無料お試しキャンペーン実施中!
話題のTBS系列ドラマやバラエティ、過去の名作ドラマまで全話が見放題。

 

あなたのもう一度見たいドラマがきっと見つかります。

Paravi(パラビ)で人気のドラマ

・花のち晴れ ・大恋愛~僕を忘れる君と~ ・初めて恋をした日に読む話・義母と娘のブルース ・ノーサイドゲーム ・グランメゾン東京 ・陸王 など

ドラマに強い動画配信サービスを調査したところ、ドラマ「天皇の料理番」が配信されている無料お試しができる動画配信サービスは「Paravi(パラビ)」と「Hulu(フールー)」との結果でした。

つまり、ドラマ「天皇の料理番」の動画を全話見るなら、ParaviとHuluどちらでも視聴できます。

 

ドラマに強い動画配信サービスの配信状況は以下の通りです。

配信サービス配信状況無料期間
2週間無料
今すぐ見る
14日間無料
今すぐ見る
✖️ 14日間無料
✖️31日間無料
✖️31日間無料
Paravi(パラビ)の特徴
  • 登録しなきゃ損!2週間無料キャンペーン
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも視聴可能
  • 毎月貰えるParaviチケットで300円のレンタル作品が無料
  • Parvi独占配信作品多数!オリジナルストーリーが充実

「天皇の料理番」TVerの動画配信状況は?

「TVer」や「GYAO」ではドラマ「天皇の料理番」は配信されていません。

【TVer】 【GYAO】

完全無料の「TVer」「Gyao」などの動画配信サービスにはデメリットが多いので注意しましょう。

「TVer」や「GYAO」のデメリット
  • 画質が悪い
  • 音質が悪い
  • 最新話を1週間しか見られない
  • 視聴に別のアプリが必要な場合がある

「TVer」「GYAO」などの完全無料配信サービスを使った感想としては、特にCMが多くて長いのが不便でした。

ストレスなく快適にドラマの動画を楽しみたいなら、無料お試し期間がある「Paravi(パラビ)」などの動画配信サービスがお得です。

海外の動画配信サイトはウィルス感染のリスク

Pandoraや9tsuにもドラマの動画が配信されていることがあります。

しかしPandoraや9tsuの動画は第三者により違法にアップロードされた動画です。

そのような完全無料の違法動画サイトは、架空請求の広告やウィルスによる住所やクレジットカード情報など個人情報漏えいの恐れがあります。

日本ではPandoraや9tsuなど海外の違法動画サイトへのアクセスを遮断する対応も行われています。

詳しくは以下リンクの著作権に関する記載をご覧ください。

「天皇の料理番」のあらすじ

明治37年 (1904年) 正月。
福井の秋山家は、父・周蔵 (杉本哲太) を筆頭に、弁護士を目指す長男・周太郎 (鈴木亮平) も帰郷し、家族一同希望に満ちていた。唯一心配の種と言えば、仏門に修行に入った16歳の次男・篤蔵 (佐藤健)。そしてその不安は的中、正月の祝いの席に 「もう面倒は見切れない」 と寺から破門を言い渡された篤蔵が、意識の無い状態で運び込まれたのだ。もしや死んだのか !? と心配する秋山家の面々だが、運んできた坊主に言わせると、どうやら酒を飲んで酔っ払い、墓場の坊主墓を落とす悪行をしでかしたらしい。

何をしても長続きしない篤蔵の将来を案じた父・周蔵は、鯖江の昆布問屋・松前屋 (高浜家) の婿養子の話を取り付けてきた。そして篤蔵は高浜家の長女・俊子 (黒木華) の婿として、新しい生活を始めることになる。昆布問屋の仕事は、篤蔵にとって意外と馴染みやすいものだった。鼻が良い篤蔵は、産地の違う昆布をかぎ分けることができ、松前屋の主で俊子の父・金之介 (日野陽仁) も一目置くようになる。次第に篤蔵は高浜家に馴染み、俊子の表情にも笑顔がこぼれるようになっていく。

そんなある日、鯖江連隊に配達に出かけた篤蔵は、厨房から漂って来たえもいわれぬ匂いに興味をそそられる。厨房には篤蔵が見たことも無い食材が並び、調理している 田辺軍曹 (伊藤英明) は、福井ではまだ食べる習慣の無かった牛肉を料理しようとしていた。興奮を抑えられない篤蔵は、田辺の調理を興味深く見続ける。そして勧められるまま、揚げたてのカツレツを口にした篤蔵は、生まれてから経験したことの無い強い衝撃を受けた。
それが…
篤蔵の人生が変わった瞬間だった…
一口のカツレツに篤蔵がみた夢…

その日から篤蔵は 「商いの売込み」 と嘘をつき、鯖江連隊で田辺に料理を習うようになる。篤蔵にとっては見たことのない、食べたことのない料理は飽きることはなく、人生で初めて 「楽しい」 と感じる日々だった。
そんな篤蔵の微妙な変化に、俊子は一抹の不安を覚えていた。そして、篤蔵が 「売込み」 ではなく鯖江連隊で料理を習っていることが、金之介に知られてしまい…

「天皇の料理番」のスタッフ・出演キャスト

佐藤健
黒木華
桐谷健太
柄本佑
高岡早紀
佐藤蛾次郎
芦名星
森岡龍
石橋杏奈、
坪倉由幸(我が家)
西沢仁太
黒田大輔
大西武志
渡邊衛
大熊ひろたか
城戸裕次
鈴木亮平
武田鉄矢
伊藤英明
郷ひろみ(特別出演)
麻生祐未
加藤雅也
日野陽仁
大島さと子
美保純
杉本哲太
小林薫 

ドラマ「天皇の料理番」のネタバレ感想と口コミ

男性
天皇の料理番は、重厚な、一途で不器用な男の一代記でした。実在した伝説のフランス料理の第一人者、秋山徳蔵がモデル。妻の俊子、結核で亡くなる兄、師匠、貞明皇后、昭和天皇など多くの人に支えられて突き進む男を佐藤健が熱演。これだけの美男が演じながら美貌に見えなくなる程見事な演技で、最晩年まで演じ切ります。クライマックスと言える場面が多すぎて(離婚、修行、渡仏、就任、兄の死、再婚、大震災、妻の死、戦争、戦後等々)これこそ本当の大河ドラマでは?というぐらい凄いドラマでした。
女性
佐藤健さんの周りにも気遣いをしながらの繊細な役回りがとても美しく役者魂を感じられました。役者魂という点では鈴木良平さんの年齢を感じさせない重厚感のある雰囲気がこの作品の屋台骨にも思えるストイックさがあって引き込まれる巧さがありました。夢に向かう姿、そこにどれだけの人や影響があるのか大変な道筋がまた美徳にも思える深みのある作品に思えました。
男性
ヒロイン役の黒木華のはまり役っぷりが印象的でした。また、若い層には「歴史もの」とも呼べるような時代設定の作品でありながら、小難しい感じがせず、主人公の奔放なキャラクターのせいもあって気楽に楽しめるような作品の雰囲気が素晴らしかったです。
女性
篤蔵さんのひたむきさが、佐藤健さんの演技に対するひたむきさと重なって見る者を感動させる作品です。
実際にあった話しということもありのめり込んでしまいました。
さだまさしさんの「ゆめみる人」が、せつなくも夢に向かうそれぞれの気持ちを見事に増幅させてくれます。
男性
最初は何をやっても長続きしない、すっとぼけた感じの佐藤健さん演じる主人公秋山篤蔵が、挫折を味わったりしながらも、料理にだけは真剣に向き合う感じが、とても素敵だと思いました。
そして、妻役の黒木華さんが和風美女としうかんじで綺麗でした。
女性
天皇の料理番にまで料理人として出世するというドラマでしたが、なんといっても魅力的なのは時代背景とそこで生きる人たちの生き生きとした様子です。主人公の秋山篤蔵は料理に対してまっすぐな気持ちを抱いていましたが、なかなかそれだけでは何とかならない難しい問題が次から次へとやってきます。そのたびに周りの人間助けられながら成長していく秋山篤蔵は人間臭くてとても良いドラマでした。
男性
黒木華さんが昔風の顔立ちなので、見ていて物語の説得力が増した気がしました。豪華キャストなので他の出演者の方も素晴らしかったです。音楽も脚本も質が高かったので、まるで映画を見ているような錯覚を覚えました。
男性
ひょんなことから料理の世界に進み、料理の楽しさや奥深さを知ってまっすぐに突き進んでいく姿に心打たれました。
厳しい指導や理不尽な差別を受けたりしながらも、決して挫折せずに邁進していくところは、見ていて気持ちが良かったです。
ピンチに陥った時でも、あたたかい家族や理解者に支えられながら、主人公が人間的にも成長していくので見ごたえがあります。
女性
篤蔵の前半生は今なら酷い男なのだろうが彼の一生懸命に生きる姿は美しい。悲しみも幾多経験しているが特に兄の周太朗との別れの場面が涙でした。篤蔵にとっての最大の理解者であったと思うし、余命いくばくもないと悟って自分の夢を篤蔵に託してなくなっていくシーンが切ないです。
男性
天皇の料理番は、このドラマは天皇の料理番をされていた料理人、秋山徳蔵さんをモデルにしたノンフィクションドラマです。幼少期はハチャメチャな子どもで家族からも問題児扱いされていた秋山徳蔵さんが料理人として、人として成長する姿が感動をよびます。
男性
主人公の周りを取り巻く環境やサポートする人々、篤蔵の努力に感動しました。
また初めてカツレツを食べた時の感動からコックを目指して最終的には天皇陛下の料理番の座まで獲得するまでのストーリーは終始引き込まれてしまいました。
女性

「天皇の料理番」は佐藤健さんがすごく配役としてぴったりだったと思います。

田舎に住む青年がふとしたことから海外の料理と出会い、その魅力に取りつかれてしまう。

子どもっぽいところもある青年をうまく演じていると思いました。

男性

『天皇の料理番』を見たが、秋山徳蔵役の佐藤健の、役に対する努力が随所に感じられた。彼があんなに「ダメな男」を演じられるとは思わず、役者として見る目が大きく変わった。人への優しさとは何か、そして、努力することの素晴らしさを知ることができた。

女性

天皇の料理番は、久しぶりとてもにおもしろいドラマだなと感じた作品です。配役もすばらしく、主人公と奥さんの味のあるやりとりや、あたたかさが好きでした。また、何をやっても続かない主人公が、料理にだけ熱中し走り回る姿に元気をもらえました。

女性

「天皇の料理番」佐藤健さんが主演したドラマの中で、個人的には最高傑作だと思います。ダメ男ながら、料理だけには物凄く真摯に向き合う主人公を力演されていました。お兄さん役の鈴木亮平さんが病気で亡くなる演技も、鬼気迫るものがありました。

女性

天皇の料理番は家族愛、夫婦愛などの感動ストーリーが盛りだくさんで、すごく良いドラマなので大好きです。料理人の夫をしっかりと支える妻を演じた黒木華さんのファンになりました。また佐藤健さん、桐谷健太さんなどその他の役者の演技も良かったです。

女性

私の、料理を題材にしたドラマへの食わず嫌いを塗り替えてくれた作品です。主人公の料理への向き合い方に、ハッとさせられることが多くありました。また、佐藤健と黒木華とのカップルが意外なほどマッチしていて可愛らしかったです。

女性

天皇の料理番は最初はあまり興味を惹かれるものではなかったのですが、見始めたら一気にハマりました。主人公の男性が、天皇の料理番という重大な仕事を務めるまでの失敗や苦悩を乗り越えて、誰もに認められる料理番になっていくというところに感動しました。

男性

天皇の料理番を見てフィクションではあったものの料理という観点から昭和天皇を知れたのは良かった。特に戦争後の混乱期に天皇陛下がどのような見方であったかどのように対処されたか知れたのは興味深かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です