ドラマ『テセウスの船』無料動画・見逃し配信【1話〜最終回】を全話視聴できるサービスまとめ

2020年1月期冬ドラマのTBS日曜劇場「テセウスの船」は、冬ドラマで視聴率トップクラスを誇る人気ドラマです。

本ページでは「テセウスの船」の見逃し配信・無料動画を1話からの全話を無料で観れる動画配信サービスをご紹介します。

 

\2週間無料視聴可能!/

2週間以内解約で料金は一切かかりません。

ドラマ「テセウスの船」動画の見逃し配信視聴リンク

ドラマ「テセウスの船」の動画を視聴する方法は、3つあります。

それぞれの動画配信サービスで向いてる人が異なるので簡単に説明します。

MEMO
  • テレビ局の公式サービス「Paravi」で見る
    ➡︎安全・快適に全話を視聴したい方向け
  • TVer・GYAO・TBSFREEで最新話だけ見る
    ➡︎広告が長くても気にしない最新話だけ見たい方向け
  • 海外の動画サイトで見る
    ➡︎画質・ウィルス感染のリスクを気にしない方向け
       ※違法動画サイトはおすすめできません

「テセウスの船」動画を視聴するならTBS公式「Paravi」がおすすめ

ドラマ「テセウスの船」の動画を安全・快適に視聴するなら、TBSの公式動画配信サービスである「Paravi」がおすすめ。

Paraviがおすすめの理由
  1. 動画を2週間無料視聴できる
  2. ダウンロードで通信量を気にせず視聴可能
  3. 毎月貰えるチケットで300円のレンタル作品が無料
  4. Parvi独占配信作品多数!オリジナルストーリーが充実
  5. 広告一切なし!ストレスフリーな動画視聴

Paraviでは、TBSドラマ以外にもテレビ東京ドラマWOWOWドラマの動画の品揃えも豊富です。

もちろん無料期間中もTBS・テレビ東京ドラマWOWOWドラマが見放題。

 

テレビ局の公式動画配信サービスは他にもありますが、現在ドラマ「テセウスの船」が視聴できるのは「Paravi」だけです。

配信サービス配信状況無料期間
Paravi2週間無料
今すぐ見る
U-NEXT✖️31日間無料
FODプレミアム✖️14日間無料
Hulu✖️14日間無料
Amazon Prime✖️31日間無料

「テセウスの船」最新話はTVerで視聴可能

「TVer」「TBS FREE」でも「テセウスの船」が配信されると予想されますが、完全無料の動画配信サービスにはデメリットも多いので注意しましょう。

「TVer」など完全無料サービスのデメリット
  • 画質が悪い
  • 音質が悪い
  • 最新話を1週間しか見られない
  • 視聴に別のアプリが必要な場合がある

 

【TVer】 【TBS FREE】 

「TVer」などの完全無料配信サービスを使った感想としては、特にCMが多くて長くて不満でした。

ストレスなく快適にドラマの動画を楽しみたいなら、無料お試し期間がある「Paravi(パラビ)」がお得です。

「テセウスの船」は海外の動画サイトで見るべきではない

ドラマ「テセウスの船」を海外の動画サイトで視聴するのは、おすすめできません。

画質が悪く、ウィルス感染のリスクがあるため視聴するのは辞めましょう。

注意

海外の動画サイトにもドラマの動画が配信されている場合もあります。

しかし、その動画は違法アップロードされた動画のため、間違ってダウンロードされると犯罪になってしまうのです。

さらに海外の違法動画サイトは、1クリック詐欺ウィルス感染する海外のサイトに飛ばす広告があるため、大変危険です。

個人情報流出を防ぐためにも、海外の違法サイトで動画を視聴することはおすすめできません。

ドラマ「テセウスの船」1話から最終回までのあらすじ

「テセウスの船」第1話あらすじ

「生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

 人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

 そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。
 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。
 過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。

 父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか?
 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。
【出典:公式サイト】

「テセウスの船」第2話あらすじ

平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。
そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。
由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。
田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。
これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。
想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。
【出典:公式サイト】

「テセウスの船」第3話あらすじ

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。
逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。
しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?
不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!?
追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。
【出典:公式サイト】

「テセウスの船」第4話あらすじ

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れず。自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。
 最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。
 拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。
音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。
【出典:公式サイト】

「テセウスの船」第5話あらすじ

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。
その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。果たして、さつきの魂胆とは何なのか?
そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。
【出典:公式サイト】

「テセウスの船」第6話あらすじ

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!
それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。
【出典:公式サイト】

「テセウスの船」第7話あらすじ

 田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。音臼小事件まであと二日。心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。
 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。
 そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?
【出典:公式サイト】

「テセウスの船」第8話あらすじ

大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。
 心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!
 また、村では同時に新たな事件が進行していた! 和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る! そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!
 ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!
【出典:公式サイト】

「テセウスの船」第9話あらすじ

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。
 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。
 追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?
 そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!
【出典:公式サイト】

「テセウスの船」第10話最終回あらすじ

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?
そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか……?
【出典:公式サイト】

ドラマ「テセウスの船」出演キャスト

役名出演者
田村 心竹内涼真
佐野 和子榮倉奈々
車椅子の男安藤政信
田村 鈴 貫地谷しほり
佐々木 紀子 芦名 星
長谷川 翼竜星 涼
田中 正志 せいや(霜降り明星)
徳本 卓也今野浩喜
佐野 鈴白鳥玉季
佐野 慎吾番家天嵩
田村 由紀上野樹里(特別出演)
金丸 茂雄ユースケ・サンタマリア
石坂 秀夫 笹野高史
井沢 健次六平直政
木村 さつき麻生祐未
佐野 文吾 鈴木亮平

ドラマ「テセウスの船」Twitterの声・反応

Twitter

Twitter

Twitter

ドラマ「テセウスの船」評判・感想・期待の声

男性
テセウスの船は、ファンタジーではあるものの、なぜか感情移入しやすいドラマでした。心と文吾の親子の絆が過去の世界で構築されている様子は感動的でした。ただ、ラストで心が刺されて死んでしまうのはなんともやるせなかったです。父親の無実を晴らすために自分の命がなくなるなんて切ないなと感じました。
男性
実の父親が、連続毒殺事件の犯人で死刑囚として服役しているが、心は妻の由紀の言葉から父の事件を調べるが、突然、31年前の事件前の現場にタイムスリップした心が事件を食い止めようと行動する姿が印象的でした。また、犯人にも驚かされたドラマでした。
男性
テセウスの船は、父親が過去に犯したとされる事件を調べていると、突然事件当時にタイムスリップをして、事件の真相に迫るというとても不思議なドラマでした、事件の様相が分かってくるにつけて、一層不思議な人間関係が浮かび上がり、最後は真犯人へとつながり、無事に無実が証明されたのですが、とても不思議なドラマでした。
女性
テセウスの船は、この人がいかにも犯人だという犯人候補をこれほど数多くリストアップしたドラマもなかなかありませんでしたし、あまりにも数が多くて結局最後の最後までこの人が犯人だと一人に絞る事ができませんでした。それだけ巧妙な仕掛けが随所にあったという裏返しでもあると思いますしとても見応えがありました。
女性
このドラマは主人公の父親の冤罪をはらすべく、タイムスリップをしながら犯人を探すストーリーなのだが、最後までその犯人を絞らせない本当によく練られた脚本だったので、ハラハラしながら見ることができました。
また、子役たちの演技は素晴らしく、特にキーパーソンでもある、加藤みきお役の柴崎楓雅は大人顔負けでした。
女性
過去に戻って自分の父親の無罪を証明しようとするというストーリーが他にはないので、どんな展開になるかわくわくしましたし、犯人がもう少しで分かりそうなのに手がかりが消えたり伏線が他にあったりと目が離せないドラマでした。
しかも「ここで終わるの?」というもやもやするところで終わるので次の放送まで犯人は誰なのか友人たちと推理したりして盛り上がりましたよ。
女性
父親の無実を晴らすため、心がタイムスリップをし、真相を突き詰めようとしたが鍵を握る人物がある人につぎつぎと殺害されてしまい、真相を突き止めることができず、誰が黒幕なのか?みんな怪しく思えてしまい面白いドラマでした。
男性
最高傑作の推理ドラマだと最終回の犯人が分かるまでは思っていました。犯人が霜降り明星せいやが演じる田中正志というのがちょっと個人的には不満でした。辻褄的にもそうですが犯人がドラマ初出演のせいやというのもやりすぎかなと感じてしまいました。最後の最後まで面白かったんで勿体ないなと感じたドラマです。
男性
テセウスの船は、私は、ドラマ「テセウスの船」を観て「真実を知るため奮闘する主人公の姿」と「予測できない事件の真犯人」が特に印象に残りました。
まず、真実を知るため奮闘する主人公の姿についてです。このドラマでは、主人公が自分の父親の無実を晴らすために、過去にタイムスリップしながら父親が関わっているとされる事件の真相に迫っていく姿が描かれます。主人公は、過去に戻り事件のことを探っていきますが、過去を変えると自分自身の現在の状況も変わってしまうなど大きなリスクがあります。それでも、自分を犠牲にしてでも父親のために懸命に行動する主人公の姿が健気で、早く報われて欲しいという気持ちになりながら観ていました。
次に、予測できない事件の真犯人についてです。主人公は少しずつ事件について知っていきますが、次々と犯人と思われる人物が登場し、さらには自分の父親が真犯人なのではないかという場面もあり、事件の真相を突き止めることはどんどん難しくなっていきます。先の読めない展開にハラハラドキドキしながら観ていました。
女性
タイムスリップもののミステリードラマという事でとても興味深く原作も読まずに見ましたが、登場人物全ての人が犯人ではないか?と思える展開に毎回ハラハラドキドキの連続でした。そんな中で父親との絆、家族の愛情などサスペンスとは真逆の場面には涙無しでは見れない展開で最後まで本当に引き込まれるドラマでした。
男性
テセウスの船は、不可思議な出来事が連発する違和感と時間軸がコロコロと変わるスピーディーな展開が織り成すところがこの作品のミステリアスな部分でそこに翻弄されてしまったのが一番楽しめました。起伏が激しく黒幕にたどりつくのにもひねりがあって興味深いミステリーでキャスティング的にもバランスがあって良かったです。
女性
現代と平成元年を行き来して自分の父親の無実を証明していきます。犯人のひとりの子役の不気味さが際立っていて見入ってしまいました。最終回まで犯人が分からずドキドキしました。心は死んだしまったけれど、現代で幸せになって良かったです。
女性
早く次が見たいと思えるドラマでした。このドラマで鈴木亮平さんの大ファンになるほど、鈴木さんの演技が素晴らしかったです。迫真の演技や、コミカルな笑いを誘うところなど、とても好きです。ハラハラしながらも、人の優しさを感じることのできるドラマでした。過去と現在を行き来するという点で現実離れしているのですが、そんなことを感じさせない引き込まれらドラマでした。
男性
テセウスの船は、タイムスリップの物語ですが、自分の父親のせいで、人生がめちゃくちゃになっていくという始まりですか、実はその犯罪は冤罪?なのかを過去に戻って父親と一緒に探していくというのがなかなか斬新だと思いました。ただ、なぜタイムスリップしたのかよく分からないですが。
男性
テセウスの船は、自分の父親が犯罪者といわれ育ってきた暗い過去、父の無実と真実を知るため、心が折れそうになっても必死に挑んでいく力、それは自分の幸せを守るための「愛」が根底にあり動かし続けている。愛の力って形を問わずすごいな、と感じられる大好きなドラマです。
女性
妻役の上野樹里さんの献身的サポートがすてきでした。テセウスの船では、人々の心温まるエピソードが聞けそうで楽しみです。ミステリーなのに、家族愛もあり、楽しかったです。
女性
めちゃくちゃ面白かったですテセウスの船。鈴木亮平さんが明らかに犯人っぽいのですが、だんだん誰も彼もが怪しく見えてきました。ラストはちょっと泣きましたし、来週が楽しみです。
女性
テセウスの船は、普段は観ない感じのサスペンスなのですが、家族愛などがテーマになっている感じなので見てみたら一気に引き込まれました。タイムスリップというあり得ない設定なのに、それが不自然ではありません。
男性
テセウスの船はタイムスリップで事件前の父と出会った主人公が、憎んできた父に触れて人柄を理解し、憎悪が氷解していく姿に救われる思いがしました。冤罪なら真犯人は誰なのか?次回のオンエアが楽しみです。
男性
テセウスの船は本格的なサスペンス的なストーリーが詰まっているのでドキドキしますし、それと同時に深い家族愛も描かれているので感動します。父親の無実を証明するためにタイムスリップする設定も面白いです。
男性
テセウスの船は主人公田村心が雪に足を取られながら、山の中に入っていき、実の父親である佐野文吾を助けるシーンは感動的で涙ポロポロでした。タイムスリップして実の両親に会うなんて、不思議な感じですね。

ドラマ動画視聴におすすめ動画配信サービス

無料体験できるサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です