まとめサイト様の相互RSSはこちらから

V6、26年の歴史に幕 デビュー時から追い続けてきた記者が6人の魅力を改めて振り返る

V6、26年の歴史に幕 デビュー時から追い続けてきた記者が6人の魅力を改めて振り返る

V6、26年の歴史に幕 デビュー時から追い続けてきた記者が6人の魅力を改めて振り返る

 11月1日、V6が幕張メッセで解散ライブを行い26年の歴史に幕を閉じました。デビューから成長を見守り続けてきたアツは感慨もひとしおな様子。今回はラストライブの様子も交えつつ、6人との思い出を語っていただきます。

ーーー

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 11月1日、V6が解散しました。デビュー26周年を迎えたこの記念すべき日に行われたラストライブには長年、彼らと共に歩み続けてきた大勢のファンの皆さん、そしてTOKIOやKinKi Kids、松本潤、二宮和也、櫻井翔、加藤シゲアキ、関ジャニ∞、亀梨和也、なにわ男子ほか多くの後輩たちが集結。

 またオンラインの有料生配信で見守ったファンの方々も数多く「泣かないと決めていたのに」と言いつつやっぱり涙・涙。「26年間、ずっと好きでいさせてくれて本当にありがとう!」と泣き笑いしながらも口にする彼女たちを見ていて、こちらも涙を堪えきれず。

 V6のファンって懐深いって言うか、本当に優しいのよね。めちゃくちゃ大人なのよ。ファンの年齢層が高いからってことじゃなくて(だってライブには若い人たちもたくさん来場していたしお子ちゃまたちも来場OKだし)、年齢関係なく何しろ誰もが、いつ何時だろうと完璧なマナーを携えて対応。

 メンバーもいつも「俺たちのファンは凄い。そこだけは本気で誇れる!」って言っていたんだけど、その言葉通り、最後の最後までルールを守って最大限の愛をWAになってV6に届けていたなぁと思って、未だに感動冷めやらずの日々なのです。

 それにしても、いつもいた人たちがいなくなる……って、いや正確にはもちろんいなくなったワケじゃないんだけど。「解散」発表から約8カ月。心の準備はできていたはずなのに正直まだ実感がわかなくて、気持ちの整理もできていない状態で。いろいろな思い出が走馬灯のように浮かんでは消え、浮かんでは消え…。

 1995年の11月1日にシングル「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビューした彼らは同日に国立代々木競技場第一体育館前の特設会場でデビューイベントを行なったの。

 V6と言えば何と言っても“代々木第一体育館”というイメージだけど、ラストライブは諸処の事情から千葉・幕張メッセ  幕張イベントホールでの開催に。コロナ禍での決行とあって万全の対策がなされ、残念ながら声を出す応援はナシに。手拍子や手話での応援となり、コンサート後も、車内などで大声で感想を語り合うのではなく、興奮も各自お持ち帰りに。完璧なる感染対策、この憎いまでの心遣いには頭が下がるばかりよ。

 デビューから誰ひとり欠けることなく、6人で活動を続けてきたV6。もうこれだけでも十分すぎるぐらい偉大だけど、解散コンサートをしてくれたことじたいが何よりも尊いわ。だってここ最近、ジャニーズ事務所に所属していたグループが解散(時に消滅!?)するにしても、解散コンサートなんて出来ずじまいだったじゃない。まぁ少年隊はちょっと別格として、SMAPもTOKIOもなーんにもなくて、消化不良を起こしてモヤモヤ&ザワザワしっぱなしだったものね。

 どんなに辛くても悲しくても「ちゃんとしたお別れ」をすることって、お互いにとりとっても大切で、そうすることで前を向いて新たな一歩が踏み出せるってもんじゃないかしら? そうゆう意味でもV6がラストライブを開催してくれたことは、長く一緒に歩いてきたファンにとっても、後輩たちにとっても、彼ら自身にとっても重要で、大きな意味合いを持ったと思うのよね。

20th Centuryはデビュー時から人として成熟していた

 アツが初めて彼らをインタビューしたのはデビュー直前。確か薄着だったから1995年の夏ぐらいだったかな。事前にいただいた資料にはプロフィールとアー写が入っていたんだけど、編集部でも「剛健は知ってるしイノッチも顔を見たことがあるけれど、後は誰?」という反応で。今更だけど不勉強でごめんなさいね。

 坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一の名前と顔を頭に叩き込んで、撮影スタジオで彼らをお迎えしたんだけど、一人ずつスタジオ入りしてきて、その度に口々に「宜しくお願いします。V6です」と言いながら入ってきて。その礼儀正しさにまず驚いちゃってね。アタフタしながらお出迎え。

 その時、これは後にも先にもないことなんだけど……、大事な初対面で、何故か長野博くんの名前を間違えてしまうという大失態を演じてしまったの。アツ、失敗しかしないので。間違って呼びかけたのに長野くんったら優しく「そんなに謝らないでくださいよ。僕たちこれからデビューするんですから。今日、名前を覚えていただければ十分ですよ。それに先に自己紹介をしなかった僕が悪いんですから」なんてフォローしてくださって、もう穴があったら入りたいと思い穴を探していたアツの気持ちを一瞬にして軽くしてくださり、もうもう初対面から「神さま仏さま博さま」状態だったのよ。

 その後も折に触れ、ありがたい博さまトークで盛り上がったり。例えば「最近、お肌が乾燥しちゃって」なんて相談すると「〇〇を食べてみて」とか、僻地ロケでのランチに悩んでいたりすると「近くに〇〇というお店があるよ。電話番号は〜」と教えてくれたり、そりゃあもう至れり尽くせりで「ちょっとした女子トークができちゃう」のが博くんだったのよね。

 あれ、そう言えば「長野くん」と呼んでいたのが、いつからか「博」呼びになっていたのは何故かしら? 穏やかで自分が前へ前へと出ずに周りを立てて、歩調を合わすのがうまい人。でも松岡昌宏くんは「長野くんには敬語なんだ、俺」と言ってリスペクトしていたっけ。一度も怒った顔を見たことがないのよね。

 そんな博くんは「本当に皆さんの笑顔が大好きです。皆さんの心の中に僕らの笑顔があるように、皆さんの笑顔も僕たちの心の中にあります」と優しい笑顔でコメント。食へのこだわりが強い彼にはグルメ道を突き進んでいって欲しいなと思ってるの。

 リーダーの坂本くんは、デビュー当時は後輩たちはもとより岡田くんからも「怖かった」と恐れられていたけれど、アツたちにとっては酸いも甘いも噛み分けた「本物の大人の男」という感じで、取材でもどれだけ助けられたことか。

 撮影の趣旨やテーマ等を話すとすぐに理解してくださって、どんな相談にも乗ってくれて。「困った時のマーサ頼み」は業界内の合言葉。歌唱力&ダンス力も半端なく、ジャニーズ事務所の後輩たちに「歌が上手い人は誰?」と聞くと、大抵の後輩は「坂本くん」って答えていたの。

 かつてお父様は大田市場で仕入れをされていて、八百屋さんの間では「坂本くんのお父さん」として有名だったそう。自分からは自慢なんて一切しなかったそうだけど、聞かれるとボソボソと嬉しそうに息子の話をし始めて、ほんわか仲良し親子だったそう。

 堂本光一くんも坂本くんの舞台は足繁く観劇していて毎回「スゲ〜」を連呼していたけれど今後もミュージカルでの活躍が楽しみ。「リーダーはニックネームでした。何とか頑張ってこられたのは5人のおかげです。皆さんがもし自分に自信を失ったら、ぜひ周りを見てください。助けてくれる人や笑顔にしてくれる人がいっぱいいますから」としみじみコメント。アツは坂本くんの笑顔にいつもパワーを貰ってたけどね。

 初めから自分自身でも「年齢的にもちょうど真ん中で、グループやメンバーをつなぐ中間管理職みたいな役割だよ」と言っていたのはイノッチ。坂本くん、長野くん、イノッチの20th Century(トニセン)はこれからも活動を継続してくれるから感謝感謝だけど、このトニセンと、剛くん、健くん&岡田くんのユニットComing  Century(カミセン)の橋渡しをしていたイノッチは、仕事面でも俳優としてもMCとしても大活躍。バランス感覚に優れた唯一無二の人。

 ずっと会っていなくても、いざインタビューが始まると、まるで昨日も一緒にいたような親しみやすい感じで会話を続けてくださって気遣い万全。「歌に助けてもらってここまで来た気がする」との言葉にはみんなが納得したわ。だってV6って楽曲が最高なんだもの。デビュー曲も、子供たちが「ピーポーダンシング」と歌っていてすぐに覚えちゃったし「WAになっておどろう」や「愛なんだ」、「Darling」は国民的ヒット曲だからみーんな知ってるし歌えるしね。かつてはジャニーズJr.の定番のカバー曲と言えばV6の「Can do! Can go!」だったしいい曲がいっぱいなのよ。「やっぱり俺たちらしく歌で、みんなに愛を伝えたい。26年間、いつも笑顔を見せてくれてありがとう」とコメントしたイノッチのたれ目具合が愛おしい〜。

 ラストライブ後はジャニーズ事務所を退所し、新しい世界へと漕ぎ出す剛くん。翌日の11月2日には奥様の宮沢りえさんと新事務所・MOSSを立ち上げ、俳優として独り立ちし、夫婦で頑張っていく旨を報告。若い頃はやんちゃだった剛くんだけど、俳優としてメキメキと才能を開花させ、いつしか実力派俳優へと成長。

 インタビュー等では「俺、話すの得意じゃないんだよね。特に自分のことってうまく話せないけど、それでもいい?」なんて正直に言ってくれて。嵐ほか後輩たちが「剛くんのダンスに憧れて真似してた。でも絶対に出来なかった。天才だもん」と口を揃えていたわ。ウソが嫌いでちょっと不器用なところが本当に魅力的で、アイドルらしい無難な優等生発言をしないことがアツ的にドンピシャで。

 へつらうことはしないけど、実はめちゃくちゃ照れ屋でね。ファンのみんなはよ〜く分かってると思うな。「これでさよならじゃないので。本当に26年間、幸せでした。ありがとうございました」のコメントにほっと一安心したでしょ。そうそう、決してさよならじゃないもの。ラストライブまで終えて、ここまで円満に退社するタレントさんはかつていなかったと思うし、後輩たちへの最高の道しるべになるんじゃないかしら?

 「奇跡の42歳」と呼ばれる年齢不詳の健くんは、自他ともに認めるオシャレ番長。何度かショッピング中の彼を見かけたことがあるけれど、街中でもひときわ輝いていて、ラフなように見えて実は全身くまなく決めまくり。お肌もどんなに接近して見てみてもツルピカで、はっきり言ってそんじょそこらの女子よりキメが整っていて毛穴ひとつ見えないし、ホントめちゃくちゃキレイなんだから。

 昔からマネージャーさんたちが「仕事終わりにすぐにメイクを落として顔を洗うのはいい習慣なんだけど、とにかく健の洗顔は時間がかかるんだよなぁ。移動よりまず洗顔だから」なんてボヤいていたけど、美は一日にして成らず。楽屋周りでは洗顔料と歯ブラシを常に持ってる感じだったもの。

 多趣味でいろんなことを知っていて交遊関係も広くて、ポンポン話が弾んでインタビューが不時着する時も。観察眼が鋭くて、アツたち取材チームが準備に追われちょっと寝不足だったりすると「どうした? 何かあった?」と聞いてくれたり。

 そう言えばデビューの前後、大阪からやってきた岡田くんと、剛くん&健くんで港区にあったジャニーさんのマンションに居候することになったのよね。確か彼らはジャニーさんの上の階に住み始めたらしいのだけど、たまにジャニーさんの部屋やバスルームに潜入しては「〇〇を発見!」なんて言いながら探検ごっこをしてたっけ。ある時、洗面台で「高そうな謎の化粧品」を見つけたんだけど、「顔に塗るものなのか頭に塗るものなのか、体に塗るものなのか、よく分からなかったから悔しいけど断念したんだ」と報告してくれたことがあって。でもそんなやんちゃ盛りの健くんをジャニーさんは笑って許していたそう。「これから先もずっとV6を愛してもらいたい。みんなに出会えて僕は幸せでした」のどストレートな言葉には、ジーンとしちゃったわ。

 さて最年少の岡田くんは今や押しも押されぬ日本を代表するトップ俳優。デビュー直前、まだ新幹線で大阪から通っていた時、東京の部屋の鍵がなくて大騒ぎをしてたことがあったの。「鞄の中は? もう一度、確認してみて」と言ったら、いきなり鞄を逆さまにして中身を豪快に床にぶちまけた大物の15歳。え〜っと驚き「何でテーブルの上じゃなくて、わざわざ床にばらまいたのよ?」と突っ込んだらキョトンとして「あ〜、そっか。慌ててたから全然考えなかった」とひとこと。もうスタッフ一同、大爆笑よ。みんなで床に散らばった岡田くんの私物を拾い集めて。でも鍵はなくて。あの天然具合、今でも残っていたりする?

 堂本剛くんが犬を飼い始めて、少し経ってから岡田くんも東京で初めて犬を飼い始めて。フレンチブルドッグで名前は「考え抜いて、さつまにした」とのことで「出会って一瞬で一目惚れ。だって俺をじっと見つめてきたから」って。嬉しそうにさつまの話をしている時、甲斐甲斐しくお世話をしている姿を見て「岡田くんはいい父親になりそうだな」と思ったっけ。

 5人のお兄ちゃんたちに可愛がられ、時に怒られ、のんびりまったり過ごしていた末っ子が、役者としてどんどん成長し、痩せっぽちだった体格もいつしか全身ビシビシと鍛え抜かれて、もう手の届かない所へと。でも話すとふっと昔のまんまの素顔を発見したり。

 面倒見がよくて、いまでは多くの後輩たちに慕われて。V6の末っ子、カミセンの末っ子だったはずなのに。彼の「皆さんがいたからこそ、僕たちは誇りを持って26年間を過ごせた。僕らは胸を張ってV6を終わりにします」の言葉で背筋がピンとなって「そうだ、心の準備をしなくちゃ」と思ったしね。

V6はメンバーだけでなくスタッフもいい人ばかり

 ここ数年はそんなにチョイチョイ取材をすることはなくなっていたのだけど、何かあればインタビューをしての繰り返し。業界内では「V6のコンサートはめっちゃ楽しい!」が定説になっていて、普段あんまりコンサートに足を運ばないおじさん記者たちも、何故かこぞって代々木第一体育館に集合するというのは“V6あるある”。マスコミ席には記者や編集者も多いんだけど、ふと見ると先輩後輩たちがいっぱい見に来ていて、マスコミ席は大賑わい。その席へ気を使ってメンバーも足を伸ばしてくれて、その度に客席にいるタレントさんたちもV6メンバーも大盛り上がりして、大歓声を浴びてたしね。二度三度と美味しいのがV6のコンサートだったのよね。それにコンサートももちろんだけど、V6って会見をしたりコンサートを開いたりする時、スタッフさんやマネージャーさんたちが「ようこそ〜」という感じで迎え入れてくれて、それが何ともフレンドリーで、心温まるのが常だったのよね。

 如実だったのはイノッチと瀬戸朝香さんの結婚会見だったわ。トップアイドルと人気女優の結婚って、普通なら会見しないでスルーするところなんだけど、この二人の場合は違って、会見場に行ってみたらマネージャーさんたちが「こっちこっち、ようこそね。待ってたよ〜」と温かく迎え入れてくださってビックリよ。これもイノッチや朝香ちゃんの人柄でもあったのだけど、こんなに明るく対応されたら意地悪な質問をしようとする人たちも退散しちゃうわよ。

 V6は6人のうち、4人も大物人気女優さんと結婚して、それもすごいことだけど、何が一番すごいって、大好きなアイドルが結婚して、内心は涙で溢れかえっているだろうに、でも彼らの幸せを第一優先する「結婚を祝福するファンのみんな」が神すぎるでしょ? みんな何て何て大人なのかしら? 本当は泣きたいぐらいなのに、ぐちゃぐちゃ文句なんか言わずにぐっと我慢して祝福するなんて。

 そりゃV6のみんなが「俺たちのファンは最高だ。信じてる!」と断言するはずよね。V6とファンの皆さんの強いつながり、深い絆、それらを知ることができてアツも幸せです。愛が飛び交っていたもの。他のグループのメンバーもファンとのつながりというものを考え直したんじゃないかしらね?

 岡田くんがラストライブの翌日、主演映画『燃えよ剣』の公開御礼舞台挨拶を行ったのだけど、「さすがに眠れなくて松本潤がくれた1995年のワインを飲んだ」とか、履いている茶色の革靴は「中居正広さんからいただきました。V6と刻まれていて、他に自分の名前が入っています」と紹介。

 先輩後輩たちからも愛されてきたV6。中居さんはここぞという時にはスニーカーや革靴等を、サイズぴったりでプレゼントすることがあるのよね。岡田くんが嬉しそうに潤くんや中居さんの名前を出した時には思わず「愛なんだ」って思わずにはいられなかったしね。

 いやぁ26年間、本当にお疲れ様でした。V6に出会えたこと、これは大きな財産だもの。まだうまく言葉には出来なくて情けないけど、ファンの皆さんの笑顔と涙、アツも忘れません。こんな心優しくも、何事にもブレずに心強いファンを持つV6。もう羨ましい限りよ。皆さん、本当にお疲れ様でした。ステップアップした次のステージでまたお会いしましょう。本当にありがとう!

【日時】2021年11月08日 12:00
【提供】wezzy

続きを読む

続きを見る