まとめサイト様の相互RSSはこちらから

Zeebra、密集フェス謝罪は「自己保身」 イベントの“最重要人物”にのしかかる重い責任

Zeebra、密集フェス謝罪は「自己保身」 イベントの“最重要人物”にのしかかる重い責任

Zeebra、密集フェス謝罪は「自己保身」 イベントの“最重要人物”にのしかかる重い責任
Zeebra、密集フェス謝罪は「自己保身」 イベントの“最重要人物”にのしかかる重い責任
あまりにも“日常を取り戻した”あとの光景であった。しかし、日々、新型コロナウイルスの感染者数が増え続けるこの状況下で、それは狂気のようにも映って──。

2021年8月29日、愛知県常滑市内で行われた日本最大級の野外ヒップホップイベント『NAMIMONOGATARI』で、客同士が密集してライブを楽しむ様子を撮影した写真や映像がSNSにアップされ、炎上している。凄まじい熱気ゆえ、マスクを外す者も多い。なかには「歌ってくれ!」と聴衆にむかって煽りをいれていたアーティストも。会場ではアルコール類の販売も行われていたという。

 収まらぬ炎上に、参加したラッパーたちは続々とSNSなどで謝罪文を投稿。なかでもいち早く謝罪をしたのが、Zeebraだった。参加者のなかで最もビッグネームだった彼はツイッターでこう発信した。

《昨日のNAMIMONOGATARI、県のルールに則ってると聞いていたので出演しましたが、開けてみたら危険な状況でした》

《自分の事務所スタッフは消毒液を配布しながら会場を回り、自分のステージでも注意を促しましたが、そもそも出演すべきでは無かったという意見もごもっともだと思います》

 しかし、この“即謝罪”もむなしく、同業者はツイッターを通して納得のいかない胸の内を明らかにしていった。

■大規模フェスを仕切るには力不足な運営だった
ヒップホップの地位向上に努めてきたCreepy NutsのDJ松永は、《悲しいし、恥ずかしいし、情けないし、悔しいし、気持ちの整理がついていない状況です》と落胆の色を隠さず、かつて自らも東海地区で野外フェスの発起人を務めたことのあるSEAMOも、《あれやられたら僕らの..

【日時】2021年08月31日 17:31
【ソース】週刊女性PRIME

続きを読む

続きを見る